日本がバブルの頂点を極めていたころ、日本のエレクトロニクス産業は「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と絶賛され、まさに絶頂期にあった。しかし、絶頂期が「危機の時」だった。2000年代に入ると、日本のエレクトロニクス産業は凋落と敗北が決定的となった。

あたかも、その「危機の時」の到来を予感していたように、激しく、勇敢に変わろうとしたリーダーがいた。山下俊彦である。

『神さまとぼく 山下俊彦伝』を上梓した経済ジャーナリストの梅沢正邦氏が、いま、改めて注目される山下俊彦のメッセージを伝える。

ジャパン・アズ・ナンバーワンの時代

こんなはずではなかった。

日本経済の、いや、日本のエレクトロニクス産業のこの20年、30年の来し方を思ってみる。ふと歌が口をついて出る。「シャボン玉」の歌だ。

エレクトロニクス産業は大きなシャボン玉だった。1980年代は家電が先導した。カラーテレビはもちろん、最大のヒット商品となったビデオ(VTR)やさまざまな音響機器に至るまで、日本製品が世界を席巻していた。半導体メモリーも世界トップだった。誰もが「電子立国ニッポン」を疑わなかった。

シャボン玉は屋根まで飛んだ。そして「こわれて」しまった。

日本エレクトロニクス産業の生産額がピークをつけたのは2000年、26兆円だった。それが2018年、11.6兆円に転げ落ちている。生産額の半分以上が「消え」てしまった。

品目別に見てみると、凋落はさらに悲惨なものとなる。ピーク時には1兆円を突破した薄型テレビは2018年、たった494億円になってしまった。2002年に1.4兆円の生産額だった携帯電話は17分の1、822億円に縮んでいる。

ちなみに、お隣、韓国のサムスン電子は23兆円の売り上げを上げている。日本エレクトロニクス産業全体の生産額が今や、サムスン1社のようやく半分でしかない。こんなはずではなかった。

どこでどうなってしまったのか。

振り返れば、生産額がピークをつけた2000年の、そのまた10年前が転換点だった。日本エレクトロニクス産業は1990年、1991年まで一本調子の上昇カーブを描き、生産額は24兆円、25兆円となる。翌年、反落し、そこから上下に振れるジグザグ運動に移行した。

1990年とはどういう年だったか。日本はバブルの極みの頂点にいた。日本の製造業は「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と絶賛されていた。株価も地価も暴騰した。日本中が舞い上がり、おごりが全土を覆い尽くした。