新型コロナウイルスの震源地である武漢を含む湖北省で患者数が「ゼロ」に。だが、なかなか陰性にならない「長期陽性患者」が新たに発生している。彼らは感染力を持つのか。慢性的な感染者となってしまうのか――。中国の独立系メディア「財新」が取材・分析した。

4月26日、武漢を含む湖北省の全地域で、新型コロナウイルス肺炎の患者数「ゼロ」が実現した。湖北省と武漢市での感染予防策が、緊急で超長期のものから通常の対策へと変わったことを受けて、共産党中央の指導グループも4月27日に北京へ戻った。

だがその裏で、「長期陽性」という新たな患者の存在が人々の注目を集めている。

「陽性患者が感染者と見なされない」

武漢市金銀潭病院のある医師は、「病院には陽性患者がまだいるが、彼らはもう感染者とは見なされていない。病院は総合的な評価を行った後に次々と退院させ、社区(訳注:団地のようなコミュニティー)の隔離拠点に送っている」と財新記者に話した。

4月24日、国家衛生健康委員会医政医管局の焦雅輝は、中国中央テレビ(CCTV)のインタビューで「長期陽性」という表現を初めて用いた。湖北省で入院治療を受けている患者のうち、約15人の軽症患者らが核酸検査(訳注:PCR検査など)の結果を待っているが、ほかにも長期間にわたって陰性にならない患者が30人余りおり、彼らがいわゆる長期陽性患者だという。

湖北省が患者数「ゼロ」を実現できたのは、患者数から長期陽性患者を除いたからだ。

”長期”はどれだけの長さか。彼らは感染力を持つのか。どう治療すべきか――。数多くの疑問について研究結果が待たれる。

北京地壇病院感染二科の主任医師である蔣栄猛は、同病院のSNS公式アカウントで、「長期陽性の期間は3週間か4週間か、あるいは2カ月以上か。 まだ明確な定義はない」と投稿している。