2019年に日本で販売された乗用車(普通乗用車+小型乗用車+軽乗用車)は約430万台だが、そのうちおよそ148万台は軽乗用車。つまり、乗用車販売の約35%が軽自動車となる。

そんな軽自動車マーケットの中心になっているのが「スーパーハイトワゴン」と呼ばれるジャンルだ。2019年の実績では、軽乗用車の販売のうち約40%がスーパーハイトワゴンで、その比率は今後さらに高まると予測されている。

スーパーハイトワゴンの王者はホンダ「N-BOX」で、2019年は25万3500台を販売。以下、17万5292台のダイハツ「タント」、16万6389台のスズキ「スペーシア」と続いて“3強”を形成している。

日産にも「デイズルークス」というスーパーハイトワゴンが存在したが、これまでは上位に食い込めず……という状況だった。

「デイズ」とはまったく別設計

そんな中、日産はシェア拡大の期待を込めて「デイズルークス」をフルモデルチェンジ。名前を「ルークス」とすることで“デイズシリーズ”から独立させた。

その理由について日産は「マーケットが変化したから。以前はハイトワゴンの市場ボリュームのほうが大きかったが、ここ数年でスーパーハイトクラスの存在感が増したので『デイズ』から切り離した」と説明する。

2019年3月に発売されたハイトワゴンの「デイズ」(写真:日産自動車)

ハイトワゴンの「デイズ」は、先行して1年前にフルモデルチェンジを実施しており、新型ルークスもプラットフォームと呼ばれる車体の基本骨格やパワートレインは共用している。しかし、パッケージングは今回の新型ルークスとまったくの別設計だ。

デイズなどハイトワゴンの全高は1650mm前後が中心だが、ルークスのようなスーパーハイトワゴンではそれより100mmほど高い。しかし、単に天井が高いだけでなく、リヤシートの取り付け位置をより後方にして後席の足元を広くしているのが、大きな違いだ。結果として、後席は驚くほどの広さを実感でき、それが人気の理由になっている。

さらに、後席にはスライドドアを備えるのも、ハイトワゴンと差別化される点の1つ。