破竹の勢いで売上本数を伸ばしている「あつまれ どうぶつの森」(写真:編集部撮影)

ニンテンドースイッチ用ゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」(あつ森)が破竹の勢いで売上本数を伸ばしている。5月に公表された任天堂の決算説明資料によれば、「あつ森」は発売からわずか6週間で1341万本と、ニンテンドースイッチ用ゲームソフトとしては史上最高の滑り出しを記録したようだ。

コロナ禍によって外出できない状況が一時は全国にまで拡大した中、自然豊かな島で癒やし系の住人たちとスローライフを満喫できる「あつ森」が、多くの人の“巣ごもり”の受け皿となったことも好調な滑り出しとなった要因の1つであろう。

しかし、筆者はあえて本作の別の側面に注目したい。それは、現実社会の「お金」にまつわる社会の動きを精緻に再現している点である。「あつ森」はゲームではあるが、ゲームの枠組みを超えて、金融教育の文脈でも意義を有する教材になると考えられるのだ。

中銀の“緊急利下げ”に住民震撼

ゲーム内でプレーヤーが住む島には、さまざまな生活インフラが存在している。その1つが、「たぬきバンク」と呼ばれる金融機関だ。

ゲーム内通貨「ベル」をたぬきバンクに預けると、現実の銀行と同様、預金金利に応じた利息がもらえる。金利は、たぬきバンクが決定する。現実の日本社会における日本銀行の役割を、ゲームの世界ではたぬきバンクが担っていることになる。

島の中央銀行としての役割も併せ持つたぬきバンクだが、同行は4月23日に預金金利を突如、従来の0.5%から0.05%に“緊急利下げ”し、住人を震撼させた。

原因は、一部の住人がゲーム機本体の日時設定を未来にずらすことで、瞬時に多額の利息を得ることのできる”裏技”が横行したため。これによってゲームバランスが崩れることを懸念したたぬきバンク(運営側)は、金利を大幅に引き下げることで裏技の実効性を低下させたわけだ。