緊急事態宣言が明け、経済活動も、個人の活動も本格的にもとに戻ろうとしています。しかし、新型コロナウイルスは、なくなったわけではありません。ワクチンができあがるまで、個々気をつけて過ごさなければ、また「自粛」期間に戻ってしまう可能性もあります。

感染症の専門医で、感染症学会にも所属する、佐藤昭裕先生に、自粛期間があけた今だからこそ気を付けたいことを『感染症専門医が普段やっている 感染症自衛マニュアル』から抜粋してご紹介します。

映画館、劇場、美術館、水族館など、屋内のレジャー施設でも、基本は「手洗い、もしくはアルコール消毒」「マスク」「ソーシャル・ディスタンス」です。

マスクは、飛沫感染を防ぐために必須です。さらに、ドアや手すりなどの共有物に触れる機会が多いので、接触感染を防ぐために、トイレに行ったときだけでなく、マメに手を洗うか、アルコール消毒するようにしてください。

同じ「屋内のレジャー施設」でも、映画館や劇場などとは別物と考えたほうがいいのは、ライブハウスとカラオケボックスです。

これらは、基本的に密閉空間であるうえに、多くの人が集まり、近距離で会話したり発声したりする。つまり「3密」になりやすく、飛沫感染のリスクが高い場所です。カラオケは、マイクに飛沫が飛んでいますので、グループ内でマイクを使い回したり、大きな声を出すことを考えると、感染の危険性は高いといえます。

銭湯やジム、プールは?

では、銭湯やジム、プールはどうでしょうか。

実は、例外的にエボラウイルスは汗に含まれるのですが、その他の大半の細菌、ウイルスは「汗」には含まれないことがわかっています。新型コロナウイルスも、汗からは検出されていません。

つまり、汗からの感染はないと考えていいということです。院内感染対策の面でも、汗は「感染性のある体液」とはみなしません。