14回目にして初の首位となったのは「au」ブランドを展開するKDDIだった(撮影:尾形文繁)

新型コロナウイルスが猛威を振るい、社会の仕組みが大きく変わりつつある。混乱の中、上場企業をはじめとする大手企業には、感染防止のための大規模な休業や非正規を含む従業員の雇用維持、全社的なテレワーク推進など、業績悪化も覚悟しながらの新たな社会的責任が求められている。

東洋経済はCSR(企業の社会的責任)と財務の両面から「幅広いステークホルダーに信頼される会社」を見つけることを目的に、「東洋経済CSR調査」データベースを基に「CSR企業ランキング」を作成・発表してきた。

14回目となる今回は、『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)(ESG編)』に掲載する1593社を対象に、CSR141項目、財務15項目で総合評価を行った(ポイント算出方法など、ランキングについての解説はこちら)。ウィズコロナ、アフターコロナも生き残っていける信頼される会社を見つけていきたい。

KDDIが初めての首位に

今回は上位500社を紹介する。上位800社や、さらに詳しい内訳得点などランキングの詳細は『CSR企業白書』2020年版に掲載している。

では、ランキングを見ていこう。1位はKDDI(総合ポイント575.0点)だった。人材活用12位(96.0点)、環境8位(97.3点)、企業統治+社会性6位(98.3点)、財務3位(283.4点)とバランスよく得点。NTTドコモを上回り、昨年の2位から初めてのトップとなった。

KDDIフィロソフィを中心に「安全で強靭な情報通信社会の構築」「多様な人材の育成と働きがいのある労働環境の実現」などをCSR活動のマテリアリティ(重要課題)に挙げる。

国連が提唱するSDGs(持続可能な開発目標)にも積極的に取り組んでいる。離島経済新聞社とともに離島地域の活性化を目的とした「しまものプロジェクト」を実施し、自社の技術を活用した活動を幅広く行っている。