将棋と言えば、男性たちの熱い世界――とイメージされがちですが、実はそうではありません。将棋界の高みを目指して、日々奮闘する女性たちがいます。

高校2年生の早乙女香(さおとめ・こう)もその一人。彼女の前に立ちふさがる、美しくも獰猛なライバルたちとの、熱く冷徹な戦いとは。

注目の「女流将棋」の世界について、将棋界の枠を超えて活躍中の、香川愛生女流三段監修のもと描いた話題作、『永世乙女の戦い方』より、抜粋してご紹介します。

盤上の乙女達

©くずしろ/小学館