クロスオーバーSUVのジャンルに高級車のテイストを盛り込み、大ヒット車種となったトヨタ「ハリアー」。現在ではスーパーカーメーカーや超高級車メーカーもクロスオーバーSUVを生産、販売するようになったことからも、そのジャンルでの先駆者であることは疑いようもない。

そんなハリアーが、今年の6月にフルモデルチェンジを果たし、4世代目へと進化した。

高級クロスオーバーSUVの名にふさわしいクオリティを持ち合わせながら、299万円からという手頃な価格も魅力的なモデルだ。

しかし、その一方で最も高価なモデルは504万円と、同一車種ながら価格差は大きい。では、ハリアーを購入するなら、どのグレードがベストバイなのだろうか。

ターボは廃止に。ハイブリッドの2WD登場がトピック

先代型では2.0リッターのガソリンエンジン2種類(自然吸気、ターボ)と2.5リッターのハイブリッドという3種類のパワートレインを持っていたが、新型では2.0リッターターボが廃止され、2リッターガソリンと2.5リッターハイブリッドの2種類となった。

どちらも排気量こそ不変だが、新世代のダイナミックフォースエンジンへと進化を果たしており、出力が向上。先代よりも軽量となったボディと相まって、走行性能は大きく向上している。

基本構造は新たにTNGAプラットフォーム(GA-K)を採用(トヨタ自動車)

駆動方式は、FF(前輪駆動)と4WDがあるが、先代モデルでは電気式4WDの「E-Four」のみだったハイブリッドに2WDモデルが追加されたのは、大きなトピックだ。

その結果、最もベーシックなハイブリッドモデルの価格は26万円ほど下がり、「ハイブリッドは気になるけど4WDは不要」と考える都市部のユーザーにとって、買いやすくなったと言えるだろう。

グレード展開は、先代のややわかりにくかった「エレガンス」や「プログレス」といった名称から、ほかのトヨタ車に準じたアルファベットのものへと変更された。

最もベーシックな「S」から始まり、必要な装備が充実した「G」、そして上級グレードとなる「Z」という3グレードが基本となり、GとZには本革シートが備わる「Leather Package」が用意され、全部で5グレード展開となる。

S、G、Z、それぞれにガソリンとハイブリッド、そして2WDと4WDが用意されるので、20通りの中から選択することになるわけだ。なお、ガソリンとハイブリッドの価格差は2WDで59万円、4WDで61万円、2WDと4WDの価格差はガソリンで20万円、ハイブリッドで22万円となっている。