前回は、「キャンピングカーは普段使いの1台としても申し分ない」ことをご説明した。200万円台から手に入り、駐車スペースに困らない。常日頃は自家用車として、「オン・オフ兼用」できるのが人気の理由だ。

今回は、「オフ」の部分の魅力を紹介しよう。「いつでも、どこへも出かけられる」のは言うまでもないが、なんと言っても旅費がリーズナブルなのだ。

「家族4人で那須に1泊」で試算

一般的な旅費をざっくり分解すると、①交通費 ②宿泊費 ③食費に分けられる。それぞれについて、キャンピングカー・マイカー(普通車)・公共交通機関を利用した場合、どの程度かかるのか、具体的にシミュレーションしてみよう。

目的地や人数、期間などの条件は以下の通り設定する。

  • 人数 :夫婦+小学生2人の4人家族
  • 目的地:都内から那須へ温泉旅行
  • 期間 :週末の一泊二日
  • まずは交通費から見てみよう。

  • ■新幹線自由席利用の場合
  • 東京駅〜那須塩原駅
  • 大人1名往復 10980円×2
  • 子供1名往復 5490円×2
  • 合計 32,940円
  • ■マイカー利用の場合
  • 高速料金(大泉〜川口JCT〜那須IC 往復)7,380円(ETC休日割引適用)
  • ガソリン代 3,085円(燃費は14km/Lで計算)
  • 合計 10,465円
  • *走行距離は往復で360km、ガソリン価格120円/Lで計算。