日産自動車は2020年11月24日、同社のコンパクトカー「ノート」をフルモデルチェンジ(全面改良)し、12月23日に発売すると発表した。

日産のホームマーケットである日本での最量販車種である「ノート」は、事業構造改革「Nissan NEXT」においても、非常に重要なモデルだ。第2世代ノートが8年の長きに渡り生産されたことや、他に新型車のリリースが少ないといった事情からも、待望の新型車である。

日産自動車最高執行責任者 アシュワニ・グプタ氏は、この新型ノートについて次のように述べている。

「『e-POWER』は、日本のお客さまの厳しい目によって認められ、累計で43万台を販売してきました。そのe-POWERにさらに磨きをかけ、パワーとレスポンス、静粛性をより一層向上させた第2世代のe-POWERを、新型ノートに搭載します。日産は、今回発表した新型ノートで、e-POWERファンをさらに増やしてまいります」

「3年連続NO.1」からのフルモデルチェンジ

初代ノートは「これまでのコンパクトカーになかった爽快な走りと、使いやすい装備で自在に楽しめるコンパクトカー」をコンセプトに2005年に発売。2代目ノートは2012年9月に発売され、その4年後となる2016年11月には、シリーズハイブリッド方式の電動パワートレイン「e-POWER」搭載モデルが追加された。

このe-POWER搭載モデルは、100%モーター駆動ならではの力強くレスポンスの良い加速と優れた静粛性を実現し、ノートの販売台数を押し上げ、2018年の登録車販売台数No.1を獲得。さらには、2017年から2019年のまで、3年連続で国内コンパクトカー販売台数No.1となった。

今回、発表された新型は、ノートとして3代目に当たるモデルだ。「コンパクトカーの常識を超える運転の快適さと楽しさが詰まった先進コンパクトカー」をコンセプトに、車づくりの基礎となるプラットフォーム(車台)を新設計。

2代目ノート躍進のきっかけとなったパワートレイン、e-POWERを第2世代に進化させて初搭載するだけでなく、日産のコンパクトカーとしては初となる運転支援技術「プロパイロット」も搭載される。