「アメリカ大統領選挙が『11月第1月曜日の次の火曜日』に行われた年は、次期大統領は感謝祭(同月第4木曜日)直前から閣僚人事に動き出す」――。

「知る人ぞ知るこの法則」は、今回も健在であった。たとえ新型コロナウイルスで人々が苦労している年であっても、さらに現職大統領が負けを認めず政権移行が遅滞している場合であっても。

バイデン次期政権の閣僚の顔ぶれは?

感謝祭を3日後に控えた11月23日、ジョー・バイデン前副大統領の政権移行チームは、次の外交・安全保障閣僚候補を発表した。

○ 国務長官:アンソニー・ブリンケン(58)元国務副長官
○ 国土安全保障長官:アレサンドロ・マヨルカス(60)元国土安全保障省副長官
○ 国連大使:リンダ・トーマスグリーンフィールド(68)元国務次官補
○ 気候変動担当大統領特使:ジョン・ケリー(77)元国務長官、元民主党大統領候補
○ 国家情報長官:アブリル・ヘインズ(51)元CIA副長官
○ 国家安全保障担当補佐官:ジェイク・サリバン(43)元副大統領補佐官

ケリー元国務長官を除くと、地味目で実務型の人選ということになる。逆に言えば、上院における承認手続きで揉めそうな候補者も見当たらない。仮に「スーザン・ライス国務長官」みたいに派手目の名前が入っていると、「そいつは許さーん!」と共和党陣営がにわかに活気づいてくるところであった。

興味深いのは、事前にさまざまな名前が飛び交っていた上院議員が1人も入っていないことである。今回の選挙結果により、上院議員は「共和党50議席、民主党48議席」まで確定した。残り2人は年明け1月5日のジョージア州決選投票で決まることになった。つまり上院は僅差の議席数となる。民主党としては、1議席たりとも無駄にはできないのである。

もしアメリカで、ある上院議員が閣僚に転じた場合はどうなるだろうか。