昨今の経済現象を鮮やかに切り、矛盾を指摘し、人々が信じて疑わない「通説」を粉砕する──。野口悠紀雄氏による連載第32回。

Web会議では、欠落する情報がある?

ZoomやGoogle Meetなどのインターネットを使ったWeb会議は、コロナ禍においてリアルな会合ができないために、やむをえず行うものではありません。

集まるためのコストを考慮すれば、これまでリアルな会合で行っていたことをWeb会議に切り替えたほうがいい場合が少なくないでしょう。Web会議によって国際的な交流が促進されるでしょう。オフィスなしに仕事ができることは、独立して仕事をしたい人にとって福音です。Web会議は、分散化を進めるだけでなく、距離的に離れている人との関係を緊密にするのです。

新型コロナウイルスの感染拡大によって在宅勤務が推奨され、Web会議が一気に普及しました。

これは、私たちの生活を大きく変えました。

通勤時間が節約されるというだけでも、きわめて大きな変化です。

電話やメールでの連絡では、対面とは大きな違いがありました。そこで、どうしても対面ということになっていました。

しかし、Web会議によって状況が大きく改善されたのです。相手の表情などをも見ることができるので、かなり微妙な連絡もできるようになりました。

一方でWeb会議や在宅勤務に対しては、否定的な意見もあります。

「リアルな打ち合わせに比べて、Web会議での打ち合わせでは、欠落する情報が出てくる。このため仕事の効率が下がってしまう。あるいは思いもよらぬ問題が発生する」ということが言われます。

リアルな会合が大量の情報交換を可能にするのは、間違いない事実です。一見すると重要でないような情報が、実は重要な意味を持つこともあるでしょう。

例えば、私は次のようなことを耳にしました。

リアルな会合では、会議室にカレンダーが掛けてあるので、出席者の目に自然に入り、そのため、スケジューリングで問題が生じることはなかった。

ところが、Web会議ではカレンダーが見えない。このため、誰もが連休との関係をチェックすることを忘れてしまい、非常に都合の悪いスケジュールを作ってしまった。

また、「オフィスでの何気ない会話の中から、重要なアイデアが生まれる可能性がある」とも言われます。