新型コロナウイルスの感染者急増が続く、イギリス。1日当たり5万人前後で新規感染者が記録され、死者も1000人を超える日が少なくない。

政府統計によると、1月14日時点で新規感染者は約4万8000人、1248人。前日は1564人でこれまでで最多となった。イギリスの人口は日本のほぼ半分(約6700万人)なので、日本に当てはめれば連日9万人から10万人が新規感染している計算になる。

英国家統計局の推計によると、イギリスでは50人に1人、ロンドンでは30人に1人が感染しているという(数字には入院患者は含まれない)。イギリス全体が「ロックダウン(都市封鎖)」状態となっており、例外を除いて「家にとどまる」「他人と接触しない」が原則だ。

そんなイギリスの現状をレポートしてみたい。

戸外でウォーキングをしようとしたら、罰金3万円

イギリスの人口の約90%が住むイングランド地方では、1月上旬から新型コロナウイルスの感染を防ぐための3回目のロックダウンとなった。

医療サービスを受ける、食料品などを買う、1日1度近場で運動する、自宅勤務が不可能な場合の通勤などの例外を除いては、外に出てはいけないことになっている。学校は軒並み閉鎖で、医療関係者やスーパーマーケットに勤める人など「主要働き手(キーワーカー)」に分類される親の子どものみが学校に通う。

他人と社交目的で会うことは禁止され、バスや電車などの公共交通機関、医療施設や日用品を販売する店舗に入る際にはマスクやスカーフなどで顔を覆うことが義務化されている。こうした規則に応じないと、罰金(当初は200ポンド=約3万円、繰り返して違反するようだと最大90万円)が科される。

ロンドン市内のバス停に置かれている、マスク着用を奨励する電子サイネージ。着用しない場合は罰金が科されるという(撮影筆者)

驚くほど厳しい罰金適用となったのは、今回のロックダウンが始まったばかりの6日のこと。

イングランド地方中部ダービシャ―に住むジェシカ・アレンさんは、自宅から車で数分の貯水池に向かった。

徒歩で行ける公園では散歩をする人が多く、「ここなら空いている」。友人のエリザ・ムーアさんと間隔を取りながらウォーキングができると思ったからだ。

ムーアさんは別の車で貯水池に向かった。