昨今は、多くの自動車がAT(オートマチック・トランスミッション)車となり、MT(マニュアル・トランスミッション)車は希有な存在だ。それでも、スポーツモデルやモータースポーツが好きなユーザーなど、自動車を自在に操る感覚を味わいたい層などに一定の需要はある。

そんなMT車のファンにとって大きなトピックスのひとつだったのが、2020年11月に発売されたホンダの軽自動車「N-ONE」に、FFターボと6速MTを組み合わせた「RS」グレードが設定されたことだ。

軽自動車のスポーツモデルとしては、スズキ「アルトワークス」が根強い人気を誇っており、FFターボとMTを装備した仕様もあるが、実際にこの2台は直接的なライバルとなるのだろうか。それぞれの魅力やキャラクター、性能の比較などにより検証してみる。

N-ONE RSとアルトワークスのプロフィール

最初に2台を簡単に紹介しよう。まず、N-ONEは、2020年まで登録車を含めて4年連続、軽四輪車では6年連続で新車販売台数1位を獲得した「N-BOX」を擁するホンダ「Nシリーズ」に属する軽ハイトワゴンだ(ほかに軽トールワゴンの「N-WGN」や軽商用車の「N-VAN」がある)。初代モデルが2012年に登場し、1960年代に大ヒットした「N360」をイメージしたレトロで愛らしいデザインや、軽快な走りが好評を得た。

2020年11月に発売された現行モデルは、見た目をほぼ変えず、走りや先進安全性能などの中身をアップデートした。特に主な外観デザインの踏襲が話題を呼んだが、その理由をホンダに聞くと、「N360を源流とするN-ONEのキャラクターを突き詰めた」結果だという。ラインナップには、スタンダード仕様の「Original(オリジナル)」、高級感を演出した「Premium(プレミアム)」と同仕様のターボモデル「Premium Tourer(プレミアム・ツアラー)」、そして今回取り上げるスポーティグレードの「RS」を設定。なお、RSには、6速MT仕様のほかに、パドルシフト付きCVT仕様も用意されている。

2020年11月20日にフルモデルチェンジを果たしたホンダN-ONE。6速MTを搭載したRSグレードの価格は、CVT・6MTともに199万9800円(写真:ホンダ)

一方のアルトワークスは、スズキの大衆向け軽ハッチバック車「アルト」をベースとした派生車種だ。1980年代に若者を中心に多くの支持を得た、実用的なハッチバック車にハイパワーエンジンを搭載した「ホットハッチ」と呼ばれるジャンルに属する。