100万で横須賀の空家を買った女性の暮らし 30代女性がハマる、「生活実験」の最前線

100万で横須賀の空家を買った女性の暮らし 30代女性がハマる、「生活実験」の最前線

「生活実験」をする30代女子が増えている。実験と言っても、土鍋でご飯を炊いてみる、梅酒や梅干しを漬けてみるという初歩的なものから、もう少し進んでみそ作りや自然派せっけん作りのワークショップに参加するというレベルになると、いわゆる「意識高い系」だろう。だが、さらに進んだ女性もいる。

横須賀の空き家を100万円で買ってリノベーションし、週3日勤務をする。福岡県に移住し、シェアハウスを経営し、月の食費1500円で暮らす。肉はイノシシを狩猟して食べる。そこまでいくと、現代ではもはや実験、冒険に近い。今回は、その実態をリポートする。

週3回勤務、残りの4日は空き家をリノベする生活

立花佳奈子さんは、飲食店やシェアハウスのリノベーションをする会社に勤務して6年になる。今は、その会社がつくった横浜の山のほうにあるカフェで働く。カフェといってもツリーハウスであり、大きな木の上に小さな小屋があって、そこがカフェになっているというもの。2年前にできた。

そのカフェに、今は週3日だけ勤務している。残りの4日は横須賀の山の上に買った廃屋同然の空き家で過ごしている。駅から10分くらいだが、途中から急な坂道となり、相当たくさん階段を上ると立花さんの家に着く。

立花さんは昨年、築70年くらいの4DKの平屋を100万円くらいで買い、1年かけて、自力でリノベーションしてきた結果、今年の夏前にはなんとか住めるようになった。

リノベーションした部屋を実際に見せてもらうと、はしごを棚にしたり、味のあるいすが置かれていたりと、創意工夫にあふれたこだわりのインテリアが並ぶ。

実はこれ、多くが横浜市内の住宅の解体現場などからもらってきた木材や家具で構成されているという。ステレオももらったもの。テレビはない。お風呂だけは、西洋風の猫足のバスタブを新たに購入して置いた。

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

生活術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索