「ラーメン凪」を率いる男の挫折とこだわり 何もないところから風を吹かせる

「ラーメン凪」を率いる男の挫折とこだわり 何もないところから風を吹かせる

「煮干しが嫌いな方はご遠慮ください」。店先に踊る衝撃的なメッセージ。明確なコンセプトとこだわりで、業界の常識を次々と破り、国内のみならず海外への出店と、破竹の勢いで快進撃を続ける「ラーメン凪」。独自の経営思想でラーメンへの“愛”と“こだわり”をビジネスに昇華させたのが、凪スピリッツ社長の生田智志氏。わずか四畳半から始まったラーメンドリーム。業界の異端児はいかにして生まれたのか。嵐を起こす“規格外戦略”の源流をインタビュー。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボによりお届けします。

嵐を起こす「ラーメン凪」の現場

――「ラーメン凪」の快進撃が続いています。

生田智志氏(以下、生田氏):新店舗の開店情報からイベントまで、都度、SNSにて最新情報を発信しています。直近ですと、埼玉・川口、東京・西池袋、海外・シンガポールの開店や秋のイベント「大感謝祭」などですね。また、ヴィジュアル系エアバンド『ゴールデンボンバー』の47都道府県別ニューシングル「やんややんやNight 〜踊ろよ東京〜」(11月8日発売)CDへの広告掲載や、社歴12年目の店長「にぼし悠二郎」のボクシングデビュー戦など、ラーメンに直接関係あることからなさそうなことまで(笑)、“面白い” “他にない”を取っ掛かりに、さまざまな取り組みをおこなっています。

“何もないところから風を吹かせる”のが、私たち凪スピリッツという集団です。その代表である私の立ち位置は、そうした挑戦のための場づくり全般に及びます。週に一度の戦略会議以外はほとんど会社におらず、3ヶ月、1年先に繋がる仕事のために、あちこち飛び回っています。ちょうど先週も、シンガポールの新規開店に合わせて現地に飛んでいました。

海外店舗は現在、フィリピン、台湾、香港、上海、そしてシンガポールと25店舗になっています。会社には、いくつかの段階がありますが、今はまさに成長期。その中で一緒に歩んでいく大切な仲間づくり、空気づくりも私の大切な役割になっていますね。

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索