「食費の高騰」に負けない、超シンプルな習慣 野菜高騰・エンゲル係数高止まりで考える

「食費の高騰」に負けない、超シンプルな習慣 野菜高騰・エンゲル係数高止まりで考える

値上げの春がやってきた。

まず、業務用ビール系飲料が上がり、そして「ゆうパック」送料改定、さらに引っ越し料金も上がっている。それだけでなく、2017年からの異常気象の影響で、軒並み野菜が高い。

特に、鍋料理に欠かせない白菜や大根は手が出せない価格となった。白菜4分の1個の見切り品ですら200円という値段を見た時はのけぞった。暖かい地域ならましかと沖縄県内のJA直売所で調べたところ、2月上旬でやはり白菜1個が380円であり、日本全国ほとんど逃げ場なしという状況。4月には価格が落ち着くのではという報道は出たが、まだまだ足元は厳しい。

服やレジャー費は我慢できても、高いからと言って食べないわけにはいかない。思えば2016年も北海道を直撃した台風の影響で野菜が高騰した。ホッとしたのもつかの間、2017年でも夏から秋にかけての長雨や台風・低温が野菜の生育を妨げ、そのまま今に至るわけだ。

エンゲル係数は高止まっている

総務省発表の「家計調査報告(家計収支編)平成29 年(2017 年)」の速報によると、2人以上の世帯の消費支出のうち「食料」にかかるおカネは2016年比では微減。具体的に数字を言えば、月にかかった食費は7万2866円となっており、前年に比べ名目で0.1%、実質で0.8%の減少だ。

エンゲル係数(消費支出に占める食料費の割合)は25.7%と、こちらも0.1ポイントの低下となっている。ただエンゲル係数はここ数年上昇し、昨年は1987年以来29年ぶりの高水準を記録している。昨年はほぼ横ばいと高止まっている状況といえる。

日本全体を相手にしての平均額などあまり意味がないとは思うが、せっかく国が調べてくれた数字なので、各家庭でどのくらいの食費がかかっているのかを、もう少し細かく見てみよう。

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索