「殺人シーンOK、暴力・ハラスメントNG」の矛盾 ドラマをめぐる視聴者感覚に戸惑うテレビ局

「殺人シーンOK、暴力・ハラスメントNG」の矛盾 ドラマをめぐる視聴者感覚に戸惑うテレビ局

5月も半ばを過ぎて今春放送のドラマが折り返し地点を迎えました。ここまでの平均視聴率では、テレビ朝日の刑事ドラマである「特捜9」「未解決の女 警視庁文書捜査官」「警視庁・捜査一課長」がトップ3をほぼ独占。その他では、「シグナル 長期未解決事件捜査班」(フジテレビ系)、「執事 西園寺の名推理」(テレビ東京系)も同じように“殺人事件の解決”がテーマの作品であり、一定の人気を集めています。

これを連ドラ全体で見ると、民放各局でプライムタイム(19〜23時)に放送されている14作中5本(36%)もの作品で殺人事件を扱っていることになりますが、この傾向は今春だけではありません。前期も14作中5作(36%)でしたし、前々期の昨秋も13作中3作(23%)、昨夏も14作中5作(36%)、昨春も13作中7作(54%)と、1年を通して殺人事件がテーマの新作ドラマが作られていることがわかります。

これらの作品では、ほぼ毎回殺人事件が起き、死体にクローズアップする映像などがあるにもかかわらず、視聴者に受け入れられているのです。また、平日の日中に「相棒」「科捜研の女」(ともにテレビ朝日系)などが放送されていることも、それを裏づけていると言えるでしょう。

自分が被害者になったような拒絶反応

一方で気になるのは、「その他のテーマのドラマで、暴力やハラスメントのシーンが少しでもあると徹底的に嫌われ、視聴率は低迷してしまう」という現象。今期の作品でも、「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(日本テレビ系)でモラハラや自殺未遂、「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」(フジテレビ系)で水責めなどの拷問、「花のち晴れ〜花男Next Season〜」でイジメなどのシーンが序盤にあり、批判が続出しました。

暴力やハラスメントのシーンを見て、「つらくて見ていられない」「トラウマになりそう」「不快極まりない」「あのシーンでチャンネルを変えた」などと、まるで自分が被害者であるかのようなコメントがネット上に殺到。視聴率も全話1ケタ台に留まるなど、多くの視聴者に受け入れられていない様子が伝わってきます。

この傾向も今春だけでなく、昨年放送された「僕たちがやりました」(フジテレビ系)と「明日の約束」(フジテレビ系)のイジメ、「きみが心に棲みついた」(TBS系)の精神的支配、「anone」(日本テレビ系)の幼児虐待などのシーンを見た視聴者から同様の声が飛び交い、視聴率は低迷。むしろ、その拒絶反応は、年月を経るごとに強くなっている感すらあります。

なぜ「刑事ドラマの殺人はアリで、その他の作品では暴力やハラスメントはナシ」なのでしょうか。

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索