「ティックトック」が若者を夢中にさせるワケ 芸能人も中高生もこぞって「ダンス」

「ティックトック」が若者を夢中にさせるワケ 芸能人も中高生もこぞって「ダンス」

「ティックトック」という言葉を聞いたことがありますか? ここ最近、テレビやネットの広告が盛んに流れているティックトックは、今もっとも熱い動画共有サービスです。今回は中高生を中心に人気が高まっているティックトックについてお伝えします。

芸能人も中高生もこぞって「ダンス」

テキストでつぶやくことから始まったSNSは、「インスタ映え」の言葉とともに画像の共有がメインになり、現在は動画をシェアする時代が訪れています。動画といっても、かつてのような長い尺の作品や記録ムービーではありません。「ショートムービー」と呼ばれる、数十秒の動画をスマホで手軽に撮影してシェアするサービスが人気を集めています。

ショートムービーという言葉にピンとこない人でも、インスタグラムやフェイスブックに登場したストーリー機能はご覧になったことがあるかもしれません。あるいは、6秒の動画が無限にループされる「Vine」を思い起こすとイメージが湧くでしょうか。短い動画であること、ループすること、ひと目でコンテンツが伝わることなどが特徴です。

そのショートムービーのなかで飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長しているサービスが、「Tik Tok(ティックトック)」です。ティックトックは、2017年12月にiOS無料アプリランキングで1位に輝いた動画サービスで、2018年7月時点でグローバルでの月間アクティブユーザー数は2億人に上ります。運営会社は中国でソーシャルメディア大手「Toutiao(今日頭条)」を運営するBytedance(バイトダンス)で、2016年にティックトックを開始。2017年11月には同ジャンルの動画サービスで先んじていた「musical.ly(ミュージカリー)」を買収し、2018年8月1日(米国時間)に2つのサービスを統合したばかりです。

【2018年8月13日13時50分追記】本記事初出時、ティックトックがミュージカリーを統合した日付を2017年8月2日と記載していましたが、正しくは2018年8月1日(米国時間)でした。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索