結婚は損か得か、40〜60代男女の動かぬ本音 女性は経済的、男性は精神的安定を求める

結婚は損か得か、40〜60代男女の動かぬ本音 女性は経済的、男性は精神的安定を求める

次いで、配偶者や子どもの有無にかかわらず「相談・癒やしの相手や自分を理解してくれる存在」が男性約4割・女性4割強〜5割弱で続きます。このほか、「生活資金の確保」の割合については女性が男性よりも高く、「仕事や自己実現のためのパートナーとしての役割」の割合については男性が女性よりも高くなっています。

人とのつながりを求める

長寿社会を生きていくうえで、「共に老後を生きていくパートナーとしての役割」「相談・癒やしの相手や自分を理解してくれる存在」など人とのつながりを求める人は多いようです。

そこで最後に、自分自身の幸福感や、それに大きくかかわっているものは何かを尋ねました。

現在の自分の幸福度を尋ねたところ、既婚者では子どもの有無にかかわらず男女とも8割強が幸せ(「とても幸せである」+「どちらかと言えば幸せである」)と感じています。また、未婚者と離別者・死別者については、男性5割強・女性7割弱が幸せを感じています。

そこで、何が自分の幸福度に大きな影響を及ぼしているか尋ねました。影響が大きいものとして男女で共通しているのは「健康」と「収入」で、「健康」は男性3割強〜4割強・女性4割弱〜5割弱、「収入」は男性3割強〜4割強・女性3割弱〜4割弱となっています。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索