「拒食症の母」の首を絞めた25歳女性の苦悩 搾取し続けてきた毒母から逃げ出したい

「拒食症の母」の首を絞めた25歳女性の苦悩 搾取し続けてきた毒母から逃げ出したい

この連載では、女性、特に単身女性と母子家庭の貧困問題を考えるため、「総論」ではなく「個人の物語」に焦点を当てて紹介している。個々の生活をつぶさに見ることによって、真実がわかると考えているからだ。

今回紹介するのは、「この前母親の首を絞めてしまった。でも後悔はしてない。この現状からはやく逃げたい」と編集部にメールをくれた、北関東に住む25歳の女性だ。

母親が銀行カードと通帳を管理

「この先、何もいいことないと思うのであと5年くらいで死にます。たぶん、自殺すると思います。生きていても、何もいいことはないだろうし、もうそれでいいです」

畑中祥子さん(仮名、25歳)は席に座るなり、そんなことを言いだした。北関東の小さな街。到着してから誰も通行人を見ないし、入った飲食店にも客は誰もいない。

店内は静かで「死にます」という声が響く。畑中さんは地味でおとなしい雰囲気の女性で、病んでいるようには見えなかった。地元の進学校を卒業して非正規職を転々として、現在は企業の研究所で雑務をしている。時給は地域では破格の1400円で、手取りは18万円ほど。仕事には、なんの不満もないという。

どうして5年後に死ぬのだろうか。現在は母親と2人暮らし。父親は出稼ぎ中で老朽した木造一軒家に51歳になる母親と住んでいる。所有物件なので家賃はかからない。どうも、家庭に問題があるようだった。母親は無職で父親からの仕送りをもらうが、それでは足りないと畑中さんの収入に依存している。

彼女の銀行カードと通帳は、社会人になってからずっと母親が管理しているという。そこでトラブルが起こったようだ。

事件が起こったのは、10日前。

ずっとまじめに働いているが、母親から渡されるのは月2万円ほど。携帯代、ガソリン代でなくなる。数年前から母親に収入を管理されるのはおかしいと思い、何度もカードを返してほしいと伝えている。そのたびに言い合いとなっている。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索