28歳の妻を絶望させた夫の「異常」なゲーム依存 結婚9年、彼女が離婚を選ぶまでの悪戦苦闘

28歳の妻を絶望させた夫の「異常」なゲーム依存 結婚9年、彼女が離婚を選ぶまでの悪戦苦闘

単純計算すると3組に1組の夫婦が離婚している日本。そこに至るまでの理由は多種多様だ。そもそも1組の男女が、どこでどうすれ違い、別れを選んだのか。それを選択した一人ひとりの人生をピックアップする本連載の第9回。

夫とは、2ちゃんねるのオフ会で知り合った

「離婚の原因は、夫のネットゲームです。夫はFF11 (ファイナルファンタジーイレブン)のネトゲ廃人だったんです。FFで知り合って結婚したカップルを何組も知っていますが、離婚したのは私くらいかなぁ」

そう言って鈴木由美さん(仮名・35歳)はガクリと肩を落とした。

由美さんは、9歳年上の信田良一さん(仮名・当時28歳)と19歳で結婚し、28歳で離婚した。

由美さんが19歳だった当時は、ネット黎明期で、まだネット人口は少なかった。

ネットをさまよううちに、由美さんは、すぐに巨大掲示板の2ちゃんねるに夢中になった。当時は、オフ板にスレッドが乱立し、オフ会が頻繁に開催されていた。2ちゃんねるでは、女性の書き込みはまだ珍しかったこともあり、今でいう、「オタサー(オタクサークル)の姫状態」を味わえた。由美さんは、楽しくなり、毎晩のように、2ちゃんねるのオフ会に参加した。 

「当時は、特にオフ関係の板をよくウォッチしてました。その中でも、突発オフのスレは活気があって、『今から来られますか?』『とりあえず暇なやつ、今から集まろうぜ!』というノリでバンバン人が集まるんです。ルックスはオタク的な人が多いんですが、若者から中年まで、いろいろな人に会える。

『女です』と書き込むと、人がぶわっと群がるんですよ。元旦那さんは、コテハン(固定ハンドルネーム)をやっていたので、オフ会で会った後にスレで見つけてチャットをして、仲良くなっていったんです」

当時1人暮らしだった由美さんが、印刷会社の正社員だった良一さんのアパートに転がり込む形で同棲生活が始まった。

良一さんが以前からFF11にハマっていることを、本人の口から聞かされていた。しかし、異常なほどにのめり込んでいたことを由美さんが知るのは、同棲し始めてからだった。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索