「議論をすり替える輩」にダマされる人の盲点 ツイッター上でも散見する「詭弁」の見破り方

「議論をすり替える輩」にダマされる人の盲点 ツイッター上でも散見する「詭弁」の見破り方

では、現代のソフィストたちが用いているのはどんな詭弁なのか?

おそらく、最もよく使われているものの1つが、原因と結果についての詭弁でしょう。これは、さまざまなメディアの記事やSNSの投稿などで、うんざりするほど見られます。

詭弁には4つのパターンがある

原因と結果についての詭弁については、さしあたり主な4つのパターンを押さえておくことが大事。これだけでかなり、詭弁にだまされたり、あるいは自分で気がつかないうちに詭弁を用いてしまうケースも減るでしょう。

1. 数ある原因の1つを唯一の原因のように語る

まず1つ目が、数ある原因の1つを唯一の原因であるかのように語る詭弁。これは他人を操ったり扇動しようとする人間の常套手段です。例えば、次のような。

「彼が事業に成功したのは、英語が堪能だったからです。英語の勉強をしましょう!」

まず絶対に知っておいてほしいのが、現実は複雑で、物事の原因は複数あることのほうが多いということです。例で言えば、彼が事業に成功したのは「英語」のおかげだけではないはずですし、トランプ大統領は、

「アメリカ中西部や南部が貧困化したのは、不法移民が仕事を奪ったせいだ。追い出そう!」

と言いますが、アメリカ中西部や南部の貧困化は、工場などの働き口が海外に移転したことや、若者が都会に流出したこと、それまでの歴史的な経緯なども強い原因だと言われていて、それをすべて「不法移民のせいだ!」ですますのは、どう考えても詭弁なのです。

良識ある人間は、複雑な出来事について安易に「全部アレのせいだ!」などとは断言しません。それが誠実な態度ではないことがわかっているからです。

そして、そんな状況だからこそ、ソフィストは「全部アレのせいだ!」と断言します。多くの人間が、複雑な事実より単純な詭弁を好むことを知っているからです。

誰もが原因を断言できないモヤモヤした雰囲気の中で、簡単に理解できる「全部アレのせいだ!」が出たとたん、「わかりやすい!」「それがホントにちがいない!」と諸手を挙げて歓迎してしまうのが、大衆というものなのです。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索