「たばこのリスク」を甘く見る人が超危険な理由 「常に陸で溺れているような」症状出る場合も

「たばこのリスク」を甘く見る人が超危険な理由 「常に陸で溺れているような」症状出る場合も

日本人の2割弱が吸っているたばこ。喫煙が肺がんのリスクを上げることは知られていますが、そのほかにもデメリットが数多くあります。「たばこが健康に与える悪影響」を、内科医の名取宏氏が新刊『医師が教える 最善の健康法』より解説します。

今、この記事を読んでいるみなさんの多くは「長生きしたい」「健康でいたい」と思っていらっしゃるでしょう。それなのに、よもやたばこを吸ってはいませんよね? もしも喫煙しているとしたら、まっ先に禁煙することを強くおすすめします。最優先です。

喫煙に害があることは確実で、その害は大きいです。喫煙者は減りつつありますが、いまだに日本人の2割弱がたばこを吸っています。

「たばこはやめられないけれど、せめて他のことで埋め合わせたい」と考えている方には悲しいお知らせですが、どれだけ健康法を実行したとしても、たばこの害を打ち消すことはできません。それほどたばこの害は大きいのです。

たばこの大きすぎるデメリット

一例として肺がんについて考えてみます。たばこが肺がんにかかる確率を上げることはご存じですね。たばこを吸わなかった場合と比較して、能動喫煙は肺がんを約4〜5倍も増やします。その分、肺がん検診を受ければ大丈夫でしょうか? 低線量CTによる肺がん検診は、肺がん死を減らしますが、その効果は2割ほどです。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る