「熱中症予防」気温だけに着目すると危ない理由 湿度が高いと気温30℃程度でも油断できない

「熱中症予防」気温だけに着目すると危ない理由 湿度が高いと気温30℃程度でも油断できない

夏とは思えない7月前半の涼しさがうそだったように、梅雨明け以降、とくに8月に入ってからの日本列島は過酷な暑さに見舞われています。

8月2日は、全国に926ある観測地点の9割近くにあたる824地点で真夏日となり、そのうち236地点で猛暑日となりました。東京では、7月24日以降ずっと真夏日が続き、猛暑日が8月6日〜9日の4日間続きました。ちなみに「猛暑日」とは最高気温35℃以上、「真夏日」は最高気温30℃以上、「夏日」は最高気温25℃以上の日です。また、「熱帯夜」は最低気温25℃以上です。

これまで涼しく、体が暑さになれていない状態で急に猛暑になったため、熱中症になる人が急増しています。

熱中症患者は集計開始以降2番目に多い

総務省消防庁が発表した、熱中症による全国の救急搬送者数(速報値)は、7月15日〜21日が1948人、7月22日〜28日が5664人、7月29日〜8月4日は1万8347人。2週間で10倍近く増えました。1週間で1万8347人というのは、集計開始した2008年以降で2番目の多さです。この週(7月29日〜8月4日)は、熱中症により全国で57人が亡くなっています。

(出所)総務省消防庁

8月6日の朝、京成線で停電により電車が停止した際、エアコンも止まって車内がサウナ状態になってしまい、少なくとも7人が熱中症で救急搬送されたそうです。この日の都内は朝から気温が高く、午前7時半には30℃を超えていました。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索