最高に痩せる!「食べるダイエット」の新常識 「低炭水化物食」より無理なく続けられる

最高に痩せる!「食べるダイエット」の新常識 「低炭水化物食」より無理なく続けられる

健康とダイエットのために、一念発起して運動と食事制限をはじめたけれど、やっぱりキツくて続かない……。そうやって何度も挫折した経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

医師であり科学者でもある川田浩志氏は、無理なく継続できる方法として、最新のトレーニング「HIIT(ヒット)」と「地中海食」の組み合わせを勧めています。たった数分で効果のあるトレーニングと、‟食べるダイエット“と言われ世界無形文化遺産にも登録されている「地中海食」とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

健康で長生きするための「最適な運動」「最適な食事」

医師の目から見て、健康で長生きする秘訣は、やはり、適度な運動を習慣付け、バランスのよい食事をとること、このシンプルな2つに尽きるといえます。

習慣づけたい運動として私が推奨しているのが、過去記事(リンク)でもご紹介した「HIIT(ヒット)」です。1日たった数分という短時間で大きなダイエット効果や健康効果が得られるこの最新トレーニングは、世界中の医師が注目していますし、近年ではリハビリ施設やフィットネスジムなどでも取り入れられるようになっているため、ご存知の方も多いでしょう。

これは、たとえばスクワットやバーピーなどの運動を高速で短時間行い、休息を挟んで再び高速運動を短時間行う、ということを数セット繰り返すトレーニング方法です。

このトレーニングでは、「有酸素運動」と「無酸素運動」両方の運動効果が得られ、最低限の運動時間で最大のダイエット効果や健康効果が現れることがさまざまな研究で明らかになっています(HIITの詳しいやり方は、私の近著『世界一効率がいい 最高の運動』をご参考ください)。

では、健康で長生きする2つ目の秘訣である「バランスの良い食事」ですが、HIITと組み合わせるのにもっとも最適な食事法はなんでしょうか?さまざまな食事スタイルがあるなかで、私がお勧めしたいのは、地中海風の食事スタイル(以下「地中海食」)です。

世界無形文化遺産に登録されている「地中海食」とは

地中海とはご存じの通り、ヨーロッパ(ユーラシア大陸)とアフリカの間にある、一見、巨大な湖のように見える海のこと。その地中海の食事スタイルといわれてもピンとこないかもしれませんが、沿岸諸国であるイタリア、スペイン、ギリシャ、モロッコなどに受け継がれてきた食事スタイルのことです

2010年には「地中海食」自体がユネスコの世界無形文化遺産として登録されました。地域ごとに使う食材やレシピなどは異なりますが、概して次のような特徴があります。

・オリーブオイルをよく使う
・旬の野菜やくだものを毎食食べる
・主食となるパンやパスタには全粒粉を使う
・魚と肉と豆類をバランスよく食べる(肉は少なめ)
・ハーブやスパイス、ニンニクなどをよく使う
・ナッツや種(タネ)類をよく食べる


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索