「自分とそっくりの姿をした分身=ドッペルゲンガーに出会うと死ぬ」

そんな恐ろしい都市伝説が現実化したような事件が、世界を騒然とさせた。舞台は、2016年のアメリカ・ニューヨーク。謎の美女が自分そっくりの美女を殺して“入れ替わる”……まるで小説のような殺人計画だった。

「私はチーズケーキを食べて、部屋の床に激しく嘔吐し、そして昏睡状態になったのです。救急隊が来たとき『あと40分遅かったら死んでいた』と言われたそうです」

そう語るのは、ウクライナ出身のオルガ・ツウィク。彼女が勤める美容サロンの常連客を自宅に招いたところ、殺されそうになり、一命を取り留めた。

“凶器”は手土産の毒入りチーズケーキ。そして犯人は、オルガのパスポートや免許証を奪い去った……女の狙いは、オルガに“なりすます”こと。過去の犯罪歴を消すためだった。

この悪魔のような計画を実行に移したのは、ロシア出身のビクトリア・ナシロワ。ロシアでの殺人容疑で国際指名手配中の容疑者だった。それだけではない。逃亡先のニューヨークでも数々の犯行を重ね続ける“世紀の悪女”だったのである……。『目撃!超逆転スクープ5 殺人者の微笑み』(フジテレビで2月15日(土)よる9時〜放送)取材班は“世紀の悪女”の逃亡劇に迫った。

発端となったロシアの「隣人女性殺害事件」

ロシア出身のナディア・フォードが、憧れの地・ニューヨークに渡ったのは2007年。故郷に1人残してきた母親アラを気遣い、毎日のように国際電話をしていた。

異変が起きたのは、2014年9月。母のアラが暮らすアパートの隣の部屋に、セレブのような美女が引っ越してきて親しくなったという。その美女こそ、ロシアで窃盗や恐喝などの犯罪を重ねる悪女・ビクトリアだった。

人のいいナディアの母親は「ニューヨークに行く」というビクトリアに、娘へのことづけ、現金6100ドル(約66万円)や高価なコートを預けてしまった。もちろん、その金がナディアに届くことはなかった。

そして2014年10月、事態は急変する。ナディアが何度電話しても母親は出ない。ロシアに緊急帰国するが、アパートから母の姿は消えていた……。クローゼットの中には母が残した「DENGI(お金)」というメッセージ。その言葉どおり、母が部屋に隠していた現金5万ドル(約540万円)が消えていた。