新型コロナウイルスが蔓延し、世界中が混乱している。日本でも感染者をこれ以上増やさず終息に向かえるようにと、不要不急の外出の禁止、3密の禁止、マスク着用や手洗いの徹底など、あれこれと対策が講じられている。そんな中で、婚活業界にも新たな動きが出てきた。オンラインによるお見合いが盛んになってきている。

仲人として婚活現場に関わる筆者が、毎回1人の婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声と共にお届けしていく連載。今回はオンラインお見合いを始めた男性の話と共に、“変わりつつある婚活業界”について記す。

3密を避けて、お見合いもオンラインへ

新型コロナウイルスは、いつ終息するのか。今はまったく見通しが立っていない状況が続いている。

年が明けてから、コロナのニュースがさかんに報じられるようになったが、当初日本はどこかひとごとだった。SARSのように“そのうち終息するだろう”と楽観視する向きが多かった。婚活業界も1月はこれまでどおり、土日は普通にお見合いが行われていたし、婚活パーティーも開催されていた。

ところが、2月に入り、ダイヤモンド・プリンセスの船内感染が報じられるや、日本国内でも危機感が芽生えてきた。以来、感染者数は、日に日に増えていった。

感染に敏感な会員の中には、「予定されていたお見合いは、コロナが落ち着いてからやりたい」と申し出てくる者も出てきた。また、「しばらく活動はしたくないので休会したい」という会員もいた。予定されていた婚活パーティーも、軒並みキャンセルになっていった。