外出自粛や在宅勤務によって、今「コロナ太り」に悩む人は少なくない。スポーツジムも臨時休業が続く中、自宅で簡単にできる「痩せる方法」はないだろうか。

内科、循環器科の専門医として、数多くの患者と日々接している医学博士の池谷敏郎氏。血管、心臓などの循環器系のエキスパートとして『モーニングショー』(テレビ朝日)、『深層NEWS』(BS日テレ)などテレビにも多数出演しているが、過去15キロ以上の減量に成功し、57歳でも体脂肪率10.6%を誇ることはあまり知られていない。

その減量メソッドを全公開した著書『50歳を過ぎても体脂肪率10%の名医が教える内臓脂肪を落とす最強メソッド』が13万部のベストセラーになっており、日テレ系列『世界一受けたい授業』にも出演した池谷氏に、「『自粛のコロナ太り』を解消できる生活習慣3秘訣」について解説してもらう。

今、多くの人が悩んでいる「コロナ太り」

今、世界中の人々が闘っている新型コロナウイルス。緊急事態宣言が発出され、全国で不要不急の外出を控える「外出自粛」の日々が続いています。

今は、外に出て他者と接しないことがいちばん大切なことですが、ずっと家にいるとどうしても運動不足になってしまいますよね。いわゆる「コロナ太り」を心配する人も少なくないでしょう。

運動不足は肩こりや腰痛、抑うつ気分などの不快な症状のほか、「内臓脂肪」の蓄積の原因となります。運動することは、体調管理や「内臓脂肪」の蓄積防止に役立つとわかっていても、なかなか実践できないのが現状ではないでしょうか?

そこで、フィットネスジムなどの環境や時間をわざわざつくらなくても、家にいてできる簡単な方法をご紹介します

それは、「生活習慣」をちょっとだけ変えるだけのとても簡単なことなのです。毎日の「生活習慣」を、ちょっとだけ工夫するだけで、体調不良のみならず、「内臓脂肪」がたまったぽっこりお腹の解消に役立ちます。

では、そんな「コロナ太り」を解消する生活習慣をご紹介しましょう!