「やれやれとボッタリくつろぐ鶏肉に、上からいくつかかけ流していきます。まずリーダーとして先に流れるのは、お醤油を全員に気付かれるくらいの量、お酒も同じく全員気づく量、乾燥しきった粒に見える鶏ガラスープの素をこんな量で味するか?との程度にふります」「さぁ、ここからは無邪気にこんちくしょうと混ぜてください」──。

こんな奇想天外な言葉が並んだレシピ本『カレンの台所』が大ヒットしている。4月7日に発売されてからわずか2週間で5万部を記録。版元のサンクチュアリ出版によると、リアル書店では40〜50代女性の購入が目立つが、オンライン書店では20代女性の購入が多いなど、幅広い世代の女性に売れているようだ。

レシピを出したのは独特の語り口で知られるタレントの滝沢カレン氏で、本作も「カレン節」が炸裂している。レシピ本ではあるが、独特の感覚的な表現で作り方を説明し、分量を記していないので、料理エッセイと言ったほうが適切かもしれない。一般的のレシピ本とは一線を画するこの本がなぜここまでウケているのだろうか。

「え、何勝手に洋服羽織ってんの!?」

まず、内容を簡単に紹介しよう。紹介される料理は、鶏のから揚げ、サバの味噌煮、ハンバーグ、グリーンカレー、ロールキャベツ、ブリ大根、カニクリームコロッケ、アクアパッツァなど人気の料理ばかり。1つの料理につき、作り方が2〜4ページと長く、イラストを使ったポイント解説1ページ、完成写真1ページ。副菜は「あえるだけ」「もむだけ」といった1工程の料理が18種類ときんぴら、切り干し大根が紹介されている。

「え、何勝手に洋服羽織ってんの!?」という程度に焼かれたハンバーグ(写真:サンクチュアリ出版提供)

何より特徴的なのは独特の文体で紹介されるレシピだ。例えばハンバーグではこんな風に書かれている。焼いてひっくり返す際、「え、何勝手に洋服羽織ってんの⁉」と肉だねの変化を解説し、「と思ったら、その驚きを味方にひっくり返してください。茶色のあったかそうな洋服を着てるはずです」と続ける。擬人化しながら、焼き加減を見極めるコツを伝えるのだ。

焼けたハンバーグを皿に移した後、フライパンに残った肉汁を使って和風だれを作るプロセスは、「バターを食パンにいつもながら乗せる(ママ)あの量入れ、お醤油とお酒をフライパンの周りを駆け抜ける程度入れたら、みりんを潔くお醤油よりもお酒よりも入れます。最後にお砂糖を軽々しく、味に甘さを渡します」と、分量のイメージも説明する。