なかなか梅雨が明けず、ずっと雨に見舞われていた今年7月は、もう1つの珍しい現象が見られました。それは台風が1つも発生しなかったことです。7月に台風が発生しなかったのは、台風の記録が残る1951年以降、初めてのことです。

7月発生ゼロ 8月発生ラッシュ

今年は1月から7月までに計2個の台風が発生しました。5月に1個、6月に1個です。1月から7月まで発生数の平年値は7.7個なので、今年はかなり少ないです。台風の記録が残る1951年以降では、2番目に少ない記録となっています。最も少ないのは、1998年の1個でした。

ただ、8月1日には2つの台風が発生し、台風4号は沖縄県の石垣島や宮古島などの先島諸島に接近した後、北朝鮮や韓国に大雨をもたらしました。

(外部配信先では図表やグラフ、写真などを全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

【図2:台風4号の経路図】(出典:Weather Map)

さらに、記事冒頭の図1でも示したように8月9日には沖縄の南で台風5号が発生しました。

台風5号は発生してからわずか半日で沖縄本島に最も接近し、10日に九州北部に接近しました。

そして、10日には台風6号が発生し、8月上旬だけで4個の台風が発生したのです。