介護業界では、働き手が足りず、介護施設がオープンしても総居室の3分の2しか運営できなかったり、サービスを続けることが難しくなってしまう事業所も珍しくない。

介護業界の人材不足の原因は、「採用が困難」が最も多く、次いで「離職率が高い」ことが要因となっている(介護労働安定センター「介護労働実態調査」)。

2017年の離職率は、全産業平均では14.9%(厚生労働省「雇用動向調査」)であるのに対し、介護業界は16.2%(「介護労働実態調査」)と、やや高い程度である。ただし、入社3年未満の離職率は、介護業界では約73%(「介護労働実態査」)と高く、これを下げることが大きな課題となっているのだ。

そんななかで、特別養護老人ホームなど高齢者福祉(介護)事業を総合的に手がける「合掌苑」(東京都町田市、売上高:27億円、職員数548人)の離職率は、10年以上前は同業他社並みだったものの、ここ数年は5%前後と業界平均の3分の1以下まで改善している。

その要因について、同施設の長村将宗マネジャーは、①理念の共有化の徹底、 ②コミュニケーション量を増やし、人間関係をよくする、 ③働きやすい環境の整備、④子育て支援に力を入れる 、⑤定着率がよい採用方法の導入、などの取り組みを挙げる。

これらの中で、離職率を下げた大きな要因で、かつ同業他社にはあまり見られない特徴的な取り組みは③と④だ。それぞれについて、取り組みをみてみよう。

シングルマザー支援を充実させる

まず、③の「働きやすい環境の整備」に当たっては、働きやすい環境を「働きづらい人が働ける職場環境」と定義し、働きづらい人としてシングルマザーに着目した。

そうした視点で職場環境を整備していこうとしたとき、まず問題だったのは長時間労働だった。介護業界、とくに24時間型の高齢者施設では、忙しく働く同僚をみかねて、自分の勤務時間を超えてつい手伝うことが当たり前という空気があったりする。しかし、それでは、シングルマザーの子育ての妨げになったり、シングルマザーでなくても疲労がたまってしまうばかりだ。