“金の切れ目が縁の切れ目”という諺があるように、結婚を目指して付き合っていたカップルの関係が終わるときに、お金の問題はつきまとう。男性が女性に使ったお金を返金するか否かのトラブルが起こることもある。

仲人として婚活現場に関わる筆者が、婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、関係が終わったカップルのお金事情をケース別に見ながら、男女間でのお金問題を考えたい。

アプリでマッチしたのは、年収2000万円の自営業者

若い世代では、恋人同士が付き合うときに、割り勘が当たり前になってきているようだ。これだけ男女平等が唱えられている時代だし、男性と同等に稼いでいる女性も多いので、デートに使うお金も半分ずつ支払うのは至極当然のことだろう。

では、婚活市場ではどうか。婚活アプリなどでは割り勘や会計を6対4で割るような女子割も増えているが、結婚相談所では、男性が女性のお茶代やデート代を出すのが、暗黙の了解事項だ。割り勘よりもごちそうする男のほうが、選ばれる傾向にある。

先日、会員の洋子(仮名、36歳)から、こんな連絡が来た。彼女は、結婚相談所の婚活と並行して、女性が無料登録できるアプリでも、婚活をしていた。

話は、アプリで付き合っていた男性、義昌(仮名、37歳)のことだった。

「メールのやり取りをしているときから、趣味や食べ物の好き嫌いが一緒で、すごくウマが合うと思っていたんです。写真の顔もタイプでした」

 アプリに記されていたプロフィールは、年収2000万円の自営業者だった。初めてのデートで訪れたイタリアンレストランも、おしゃれで感じのいい店だった。

「最初は私もウキウキでした。ただ話をしていくうちに、『仕事が忙しいのは、しょうがないと思っているよ。普通のサラリーマンの4倍は稼いているからね』とか、『今タワーマンションに住んでいて、上層階だから夜景がきれいなんだよ。1回住んじゃうと、もうタワマン以外には住めないね』とか、自慢話が多いのが気になりました。経歴も華やかな人だったので、何を話してもそう聞こえてしまうのかなと思っていたんですが……」

しかし2回、3回とデートを重ねていくうちに、やはり自慢話が気になり、だんだんと鼻につくようになっていった。

「“稼いでいる自分が上で、平均年収しか稼げないサラリーマンは下”という発言が多くて、私のウキウキしていた気持ちも、だんだん冷めていきました。3回目のデートを終えたときに、“もう会わなくてもいいかな”と思ったんですね」