昨年のドラマシーンは、コロナ禍の中で「半沢直樹」(TBS系)などのヒット作が誕生して盛り上がりましたが、2021年最初の冬ドラマでは、どんな作品が放送されているのでしょうか。

1月も残りわずかとなり、ほぼすべての作品が出そろったところで、いくつかの傾向が見えてきました。なかでも目につくのは、ファンタジーを採り入れたドラマの多さ。

入れ替わり、タイムリープ、ゾンビ…

綾瀬はるかさん主演の「天国と地獄〜サイコな2人〜」(TBS系、日曜21時)は、男女の魂が入れ替わってしまう。

大倉忠義さん主演の「知ってるワイフ」(フジテレビ系、木曜22時)は、タイムスリップで妻を入れ替えて人生をやり直す。

竹内涼真さん主演の「君と世界が終わる日に」(日本テレビ系、日曜22時30分)は、突然ゾンビに占拠された世界でのサバイバル。

小芝風花さん主演の「モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど」(テレビ朝日系、土曜23時)は、感情を持たないモノの気持ちがわかるヒロインの成長物語。

岡田結実さん主演の「江戸モアゼル〜令和で恋、いたしんす。〜」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜23時59分)は、江戸時代から現代にタイムスリップした花魁のラブストーリー。

それぞれ、入れ替わり、タイムスリップ、ゾンビ、モノの声が聞こえる、タイムスリップと、ファンタジー(空想・幻想、現実とは別世界)をベースにした物語であり、民放各局で5作が放送されていることに気づかされます。

実際ネット上にも、「何でこんなに多いの?」「これもタイムスリップ?」などと驚きの声がいくつか見られていました。なかでも反響の大きかった「天国と地獄」は、「綾瀬はるかと高橋一生の入れ替わった演技はうまかったけど、入れ替わる前のほうが面白かったかもしれない。普通の刑事ドラマでもよかったのでは?」という声も少なくありませんでした。

なぜ民放各局でこんなに多くのファンタジーが採り入れられているのでしょうか。

ファンタジーを採り入れる最大のメリットは何なのか? その答えは単純で、「老若男女にとってわかりやすく、気軽に見はじめられる」から。