「三浦半島1DAY・2DAYきっぷ」もリニューアルされます。

 京急電鉄は2020年10月1日(木)より、三浦半島周辺の電車・バスが2日間が乗り放題の、新しいきっぷ「三浦半島まるごときっぷ」を発売します。

 このきっぷは、京急の看板商品である三浦半島のエリア別日帰り周遊きっぷ「みさきまぐろきっぷ」「よこすか満喫きっぷ」「葉山女子旅きっぷ」の人気を受けて、三浦半島すべてを2日間かけて満喫できるよう新たに設定されたものです。

 「三浦半島まるごときっぷ」には、
・発売駅から金沢文庫駅までの往復乗車券
・金沢文庫駅以南の電車フリー乗車券
・金沢文庫以南の京浜急行バスフリー乗車券
・加盟店70店舗で使えるお食事券
・施設利用orお土産券
がセットになっています。それぞれ有効期間は2日間です。

 「三浦半島まるごときっぷ」の発売額は、品川発でおとな4660円・こども3630円、横浜発でおとな4250円・こども3420円です。京急線の全線の各駅(泉岳寺駅のぞく)と日本旅行にて購入できます。

 あわせて、現在発売中の「三浦半島1DAY・2DAYきっぷ」もリニューアル。京浜急行バスのフリー区間が江ノ島・鎌倉エリアにも拡大され、特典の対象店舗も10店舗が追加されます。

 なお、10月1日(木)から11月30日(月)の期間限定で、「マイクロツーリズムで再発見!!遠くに行かなくてもいいじゃん三浦半島!キャンペーン」と題して、先着で下記の特典が受けられます。
・三浦半島まるごときっぷ:対象の宿泊施設に宿泊しアンケートに回答すると、京急オリジナルタンブラーをプレゼント(先着500名)。
・三浦半島1DAY・2DAYきっぷ:対象の駅の改札窓口できっぷを呈示すると、京急オリジナルパッケージ除菌ウェットティッシュをプレゼント(先着順)。