ブルーインパルスをデザインした切手シートが追加販売されます。

 日本郵便株式会社東北支社(宮城県仙台市)は、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」の創設60周年を記念したオリジナルフレーム切手を2020年8月に販売しましたが、このたび追加販売を行うとともに、取り扱う郵便局を拡大します。

 販売および受付開始日は店頭、WEBともに2020年9月25日(金)からで、申込受付数は3760シートです。

 フレーム切手のため、1シートは84円切手10枚で構成されており、価格は税込みで1シート1500円、販売はシート単位になります。なお「郵便局のネットショップ」で購入する場合は、販売価格のほかに郵送料等が加算されるほか、事前の会員登録が必要です。

 販売郵便局は当初、宮城県内の石巻市や気仙沼市、登米市、東松島市、牡鹿郡女川町、本吉郡南三陸町などに立地する郵便局に限られていましたが、今回の追加販売ではそれらに加えて青森中央郵便局、盛岡中央郵便局、仙台中央郵便局、秋田中央郵便局、山形中央郵便局、郡山郵便局、福島中央郵便局が追加され、合計74局にまで拡大しています。