海上自衛隊が旧日本海軍から引き継いだ唯一の戦闘艦艇である護衛艦「わかば」。沈没していたものを引き揚げ再使用していたため様々な不具合があったようですが、そんな老艦が活躍した災害派遣がありました。

沈没艦の再使用 海上自衛隊唯一の旧海軍艦「わかば」

 台風10号が日本列島に接近しつつあった2020年9月4日(金)、鹿児島県十島村および三島村は、住民を島外へ避難させることを決め、鹿児島県知事は自衛隊に災害派遣要請を出しました。

 自衛隊は数百人の離島住民を輸送するために、CH-47J輸送ヘリコプターやUH-60J救難ヘリコプターなどを出動させましたが、これまでも自衛隊は住民避難のために、艦艇や航空機をたびたび災害派遣で出動させています。特に50年以上前の1962(昭和37)年には、旧日本海軍艦を転用した海上自衛隊の護衛艦が同じように離島住民の救出に動きました。

 護衛艦の名は「わかば」。太平洋戦争末期の1944(昭和19)年に、松型駆逐艦のひとつ「梨」として建造されたものの、1945(昭和20)年7月に山口県沖でアメリカ海軍艦載機の攻撃を受け沈没。

 ところが戦後、民間業者がくず鉄にしようと引き揚げたところ、予想より状態が良かったため、創設間もない海上自衛隊に引き取られ、1956(昭和31)年に警備艦(のち護衛艦に改称)としてよみがえった艦です。

 しかし、「わかば」は同型艦がないことや、エンジンなどが塩水に浸かっていたため、使い勝手は決して良くなく、非武装の練習艦を経て、実験艦として高角対空レーダーなどの装備試験に従事していました。

 ある意味、裏方として用いられていた「わかば」ですが、再就役から6年後の1962(昭和37)年に人命救助の実働任務に駆り出されることになったのです。

島民避難に自衛艦5隻が出動

 1962(昭和37)年8月24日深夜、伊豆諸島三宅島(東京都)の雄山が突如、大噴火。山腹から海岸にいくつも火口が開き、絶えまない地震が島を襲います。

 島からのSOSで、東京都は海上自衛隊横須賀地方隊に災害派遣を要請。この日の応急出動担当であった「わかば」に出動命令が下されます。翌8月25日、「わかば」は駆潜艇「きじ」「たか」「わし」とともに、台風が接近するなか高波と強風を突いて、毛布や食料などの救援物資、自衛隊の医官を三宅島に送り届けることに成功しました。

 この成功により、その後も「わかば」は物資や人員の輸送、周辺警戒など三宅島への支援を続けます。しかし、島では激しい地震が止まず、島民の再噴火への不安は高まるばかりでした。

 そこで災害対策会議は、ついに子供や女性、お年寄りなどの島外避難を決定。避難先となった千葉県館山市への輸送を海上自衛隊に要請します。これを受け9月1日、横須賀から護衛艦「わかば」「あやなみ」「うらなみ」「たかなみ」、揚陸艦「しれとこ」の5隻が三宅島へ向かいました。

 台風による大きなうねりに苦しみながらも、自衛艦5隻は島民約1900名の乗船を無事故で完了。「わかば」は小学校の児童や教職員ら約490名を甲板いっぱいに載せ、三宅島の錆ヶ浜(さびがはま)を昼前に出発。16時頃に千葉県館山沖で児童らを迎えの揚陸艇に無事引き渡しました。

 こうして子供たちは、この夜ひさびさに「揺れない大地」で眠ることができたそうです。

 当時の新聞を見返すと、「わかば」の写真が何枚も載っていますが、島民を救出する姿はとても17年前に沈没した艦とは思えないほどです。乗船した児童や教職員たちも、これがかつての旧海軍駆逐艦であることに気付かなかったのではないでしょうか。

 護衛艦「わかば」は1971(昭和46)年に退役しますが、数少ない同艦の活躍のひとつ、それが1962(昭和37)年の三宅島災害派遣でした。