戦艦「武蔵」は長崎で建造されましたが、その巨大な主砲は呉で造られ、そして計画当初、長崎へ運ぶ手段がありませんでした。というわけで専用の運搬船「樫野」が建造されることに。日本海軍の歴史を陰で支えたとあるフネのお話です。

「給兵艦」という名の輸送船 その用途は…

 日本の技術力を結集した、絶対の秘密兵器である大和型戦艦の46cm主砲。実はあるフネの存在が無ければ完成しなかったかもしれません。

 戦艦「大和」「武蔵」の46cm主砲はギネスブックにも掲載されている、世界最大の艦載砲です。日本海軍は仮想敵であり数に勝るアメリカ海軍の戦艦群に対抗するため、当時の標準的な戦艦の主砲だった40cm砲を上回る46cm砲搭載艦に執念を燃やします。世は大艦巨砲主義時代でした。呉海軍工廠で46cm主砲を製造した巨大旋盤が現在も残っていて、2020年8月末に所有していた機械部品製造会社から呉の「大和ミュージアム」へ寄付されることになり、ニュースになりました。

 この巨大旋盤は当時、日本の技術力では造ることができず、ドイツのワグナー社から輸入したもので、長さ21m、直径1m超の主砲を100分の1mm単位の精度で加工し、200tの鉄の塊から160tの砲身を削り出したといわれます。

 しかしこれら建造設備以外に、大和型戦艦の建造に無くてはならない1隻のフネがありました。このフネが事故などで万一失われていたら、戦艦「武蔵」は46cm砲を載せられない未成艦になっていたかもしれないのです。

 そのフネとは、給兵艦「樫野」です。日本海軍の類別区分では運送艦とされますが、そのなかで「給兵艦」とされたのは「樫野」のみです。

空前絶後の巨大艦砲 造るのはいいがどう運ぶ?

 給兵艦「樫野」の任務は、ずばり大和型戦艦の46cm砲塔の輸送です。大和型戦艦は1番艦「大和」が呉海軍工廠、2番艦「武蔵」が三菱重工業長崎造船所、3番艦「信濃」が横須賀海軍工廠、4番艦(111号艦)が呉海軍工廠で建造されることになりましたが、46cm主砲は呉で製造されていたため、各工廠に輸送する必要がありました。

 しかし、砲身重量1門165t、砲塔の総重量は2510tにもなる46cm砲を運べる船が存在しないことが分かったのです。もしこの段階で輸送手段が無いことに気が付かなければ、「武蔵」の運命は大きく変わっていたかもしれません。

 そこで「大和」「武蔵」建造を決めた1937(昭和12)年度の第三次補充計画、通称「マル三計画」において、ついでに主砲輸送専用船も新造してしまうことにしたのです。「仮称第55号艦」として、計画書に盛り込んでしまいます。数回しか使わないことが分かっていましたので、既存民間船を使うことも検討されましたが、機密保持の観点からわざわざ専用運送艦を造ることにしたともいわれます。

「マル三計画」により、1937(昭和12)年11月4日に1番艦「大和」、1938(昭和13)年3月29日に2番艦「武蔵」が起工されます。第55号艦「樫野」も1939(昭和14)年7月1日、三菱重工業長崎造船所で起工し、翌1940(昭和15)年7月10日には竣工します。

「樫野」は「給兵艦」と呼称されていますが、実際には重量物運搬船でした。3つの船倉があり、最前部の一番ハッチは砲身用、二番ハッチは装甲鋼鈑、三番ハッチは主砲塔用とされました。三番ハッチは砲塔旋回部を積載するため、直径16mと艦幅(19.9m)に対して非常に広く、船体強度を確保するため船体断面は上部が外側に捲れた様な形状をしていました。また万一、事故などで沈没した場合、主砲が運べず「武蔵」や「信濃」の建造に重大な影響が出るため二重船底とするなど、船体の安全設計には特に留意されました。

「樫野」の本来任務はたった3回

 最初の輸送任務は1941(昭和16)年10月3日から始まります。呉で「武蔵」用砲塔部材を積み込み5日に長崎造船所へ到着しました。2回目は10月28日に呉を出港し29日に長崎着。3回目は11月18日に呉を出港し20日に長崎着。これで「武蔵」用の3つの主砲塔を輸送する「樫野」の任務は終わりました。

 続いて「樫野」は、3番艦「信濃」の建造支援に就くはずでした。しかし、太平洋戦争が始まると様相は一変します。大艦巨砲主義時代に日本海軍自らが幕を引いたのです。「信濃」は1940(昭和15)年5月4日に横須賀海軍工廠で起工されていましたが、工事は中断され戦艦として完成させる見込みがなくなります。

「樫野」も本来任務が無くなり、普通の運送艦として内地や南方輸送で使われます。砲塔を収める無駄に大きい三番ハッチは必要に応じて塞がれたようです。その最期は、1942(昭和17)年9月4日、台湾北方でアメリカ潜水艦「グロウラ―」からの雷撃で沈没というもので、運用期間2年という短さでした。ちなみに「樫野」の全体像の写真は現存しないとされています。

 呉で完成していた「信濃」用の7本の46cm主砲身は、「樫野」喪失により横須賀へ運ぶ手段がなくなり、戦艦としての「信濃」の建造は事実上、不可能になります(もっとも、「信濃」の空母への改装は1942年7月に決定済)。その「信濃」も空母への改装中途で失われ、砲塔部材のみが呉に残されました。このうち主砲身2本はアメリカ軍が押収していますが、ギネス級の巨砲もすでにさしたる関心を引かず、試射もされることなくスクラップにされています。