クルマのハザードランプはいつ使うべきでしょうか。たとえば路上に駐車している際に点灯させたり、割り込ませてくれた後続車に「サンキュー」の意味で使ったりするのは、目的外といえます。本来どう使うべきでしょうか。

ハザードランプに様々な「拡大解釈」

 クルマの「ハザードランプ」こと非常点滅表示灯、これを点灯させる場面は様々見られますが、本来はどのような用途なのでしょうか。

 たとえば、合流や車線変更でゆずってもらったときにハザードランプを少し点灯させ、相手ドライバーに感謝の気持ちを伝える行為。これは俗に「サンキューハザード」とも呼ばれます。

 ところが、あらかじめハザードを点灯させながら割り込むケースも見られるほか、路肩などへ駐車しているあいだ、「ちょっと停めるだけですよ」のアピールなのか、ずっと点灯させているケースも。ある自動車教習所の指導員は、人によりいろいろな拡大解釈があり、誤解を生むこともあるといいます。

 道路交通法施行令で規定している非常点滅表示灯の用途は、「幅5.5m以上の道路で夜間に緊急停車する場合などに点灯させる(または尾灯を点灯させる)」「通学通園バスの乗降時に点灯させる」の2点です。とはいえ、こう使うべき、こう使ってはいけないと、それほど具体的には決まっていないといえるでしょう。

 ただ辞書類では「故障などで緊急停車する場合、警告を発するために用いる」(三省堂『大辞林』)などとされています。運転中に具合が悪くなって停車せざるを得ない場合などに、ハザードランプを点灯させ、それを外部に伝える――このような緊急時こそ、本来のハザードランプの役割であるものの、もはや緊急性の意味が薄れていると、前出の自動車教習所指導員は話します。

警察も「推奨」するハザードランプの用法とは

 サンキューハザードなどは異論もありますが、広く知られた用途として、教習所の教本で紹介されている例もあります。そして、法令には書かれていなくとも、一部の警察や高速道路会社などが「推奨」している用法が、渋滞末尾におけるハザードランプの点灯です。

 NEXCO各社は、渋滞の末尾で停止・減速する際、ハザードランプを点灯して後続車に合図することを呼び掛けています。これについて静岡県警高速隊は以前の取材時、集中力が途切れてしまったドライバーは、前方に渋滞があっても気づかない場合があり、そのクルマが追突を回避できたとしても、危険な運転動作がさらに後続車へ連鎖していくこともあると説明してくれました。こうした負の連鎖の予防につながるということです。

 またNEXCO各社は、トラブル発生時にクルマを路肩へ寄せて停車させる際にも、ハザードランプの点灯を推奨しています。そのうえで発炎筒をつけ、三角表示板(停止表示器材)を設置など、後続車両に対する十分な安全措置をとるよう呼び掛けています。

 このほかにも東京海上日動火災保険などは、駐車場で空きマスを見つけて駐車する際にも、ハザードランプを点灯させて周囲のクルマに意思表示することを推奨しています。