「標準車両」の特徴が生かされました!

 JR九州が2020年10月28日(水)、まず武雄温泉〜長崎間で2022年度の暫定開業を予定している九州新幹線西九州ルートについて、その列車名を「かもめ」にすると発表しました。

「かもめ」の列車名は、約60年前の1961(昭和36)年に長崎行きの特急列車として運転を開始し、現在は博多〜長崎間を結んでいる在来線特急を名を受け継ぐものです(それ以前も「かもめ」は走っていたが、長崎とは無関係)。

 車両は、JR東海が開発し、2020年7月1日に東海道・山陽新幹線で営業運転を開始した「N700S」を導入。東海道・山陽新幹線では16両編成ですが、「かもめ」は6両編成になります。

 N700Sはこのように、需要に応じて編成の長さを柔軟に変更できるよう造られた「標準車両」なのが大きな特徴で、それがさっそく生かされた形です(従来の新幹線車両は設計変更などが必要だった)。

 またN700Sは、地震時のブレーキ距離短縮、バッテリー搭載で停電時も自走可能、全席にコンセントを用意といった特徴があります。

「かもめ」用N700Sのデザインは、豪華寝台列車「ななつ星in九州」や九州新幹線「つばめ」など、JR九州の車両を長く手がけている水戸岡鋭治さん(ドーンデザイン研究所)が担当。

「新幹線」と「かもめ」から連想される白を基調とし、文字やロゴにゴールドを使用することで最上級車両をイメージ。また、 JR九州のコーポ―レートカラーである赤を取り入れることで、九州から日本各地へ風を吹かせるという思いを込めたそうです。

 なおN700Sは、JR西日本も2020年度中に16両編成のものを2本、導入する予定です。