おもにトヨタのクルマを運びます。

 日本郵船は2020年10月28日(水)、LNG(液化天然ガス)を主燃料とする自動車専用船「SAKURA LEADER(サクラリーダー)」が竣工し、同社へ引き渡されたと発表しました。

 この船は新来島豊橋造船(愛知県豊橋市)が建造した、国内初となる大型LNG燃料船です。1隻あたり約7000台(基準車換算)の輸送が可能な世界最大級の自動車専用船で、トヨタ自動車向けをはじめとする完成車輸送に従事します。

 特筆すべきは環境性能です。LNG燃料化と船型改良により、従来の重油焚き機関と比べ、輸送単位あたりの二酸化炭素(CO2)排出量は約40%改善、硫黄酸化物(SOx)排出量は約99%、窒素酸化物(NOx)は約86%の削減を見込むといいます。

 日本郵船はこの船について、「2050年までに輸送単位当たりのCO2排出量を半減させる、当社の環境経営目標の達成に向けた大きな一歩となりました」としています。同船を皮切りに、自動車運搬船を次世代の環境対応船へ順次置き換えていくとのことで、2020年には2隻目のLNG自動車運搬船も竣工予定です。

 今後約10年間は新造自動車専用船をすべてLNG燃料船としたうえで、2030年代半ば頃からはさらに、水素やアンモニアなど、より環境負荷の低い舶用燃料を用いたゼロエミッション船への切り替えを目指すといいます。