新東名高速の静岡区間およそ145kmで、6車線化の完了とともに最高速度が100km/hから120km/hに引き上げられます。これまで試行されていた区間の約3倍の長さで実施される最高速度の引き上げ、何をもたらすのでしょうか。

6車線化完了で速度引き上げも正式にGO

 新東名の静岡区間(御殿場JCT〜浜松いなさJCT)が2020年12月22日(火)、全面的に6車線(片側3車線)運用となり、同時に最高速度が120km/hまで引き上げられます。東北道の一部(花巻南IC〜盛岡南IC)では、すでに9月に引き上げが実施されていますが、今回はそれが145kmにもおよぶ区間で適用されます。

 新東名では2017年から、もともと6車線が確保されていた新静岡IC〜森掛川IC間およそ50kmで、最高速度を110km/h、120km/hと段階的に引き上げる試行が実施されていました。

 この区間と、前出した東北道の2か所での試行結果を踏まえ、警察も引き上げに向けた制度改正を行い、新東名では6車線化の完成とともにGoとなるわけです。ただし大型車については、普通車よりも低い最高速度80km/hのまま据え置かれます。

 6車線化の整備効果としてNEXCO中日本は、物流の効率化や走りやすさ、東名に対する代替ルート機能の強化などを挙げますが、最高速度の引き上げに関する効果には言及していません。どのようなことが考えられるのでしょうか。

120km/hは出さない?

 速度規制を行う静岡県警は次のように話します。

「速度引き上げ試行の結果、事故件数も実勢速度(実際に走るクルマの平均的なスピード)にも大きな変化はありませんでした。正式な引き上げで、より交通実態に沿った規制になります」(静岡県警 交通規制課)

 実際、東北道の試行結果を岩手県警に聞いた際も、最高速度100km/h時と比べ、110km/h時にはむしろ実勢速度が下がり、120km/hに引き上がっても、ほぼ変わりなかったそう。「120km/hで走ろうと速度を上げるような動きは見られない」と話していました。静岡県警によると、新東名でも同様だといいます。

 今回、145kmもの区間が一挙に引き上げられることについて静岡県警は、「50kmの試行区間でも交通状況はほぼ変わらず、ほかの区間もほぼ同様の道路条件になりますから、大きくは変わらないでしょう」とのこと。

 なお、145kmの区間を単純に100km/hで走れば87分、120km/hで走れば72.5分です。時短にはつながるかもしれませんが、静岡県警は今回の引き上げにあたり「最高速度120km/hだからといって、120km/hで走る必要はない」と呼び掛けています。また速度引き上げ後、覆面パトカーなどによる速度取締りを強化する構えです。

 ちなみに、警察庁は最高速度を120km/hに引き上げる基準に合致する区間として、東北道の浦和IC〜佐野スマートIC間、常磐道の柏IC〜水戸IC、東関東道の千葉北IC〜成田JCT間も挙げています。今後は首都圏でも引き上げが実施されるかもしれません。