近年の関西の鉄道では、路線が廃止になったわけではないですが、途中駅や一部区間が廃止されたケースがあります。廃止の背景は新路線の開通や、吸収合併など、様々なものがあります。

様々な事情により無くなった駅

 この四半世紀の間に関西の鉄道風景も大きく変わりました。路線の全廃はありませんでしたが、現役の路線の駅がいくつか廃止されています。新しい路線に後を託したものもあれば、ひっそりと歴史から姿を消した駅もあります。

片町駅(JR片町線)

 大阪府の京橋駅と京都府の木津駅を結び、京阪のベッドタウンを通り抜ける学研都市線は、正式名称を「片町線」と言います。この路線名の元になったのが、かつての起終点・片町駅です。

 片町駅は京橋駅のわずか500mほど西に位置し、ビルの谷間に狭いホームが2本あるだけの、乗り換えできる路線もない、こじんまりとしたターミナル駅でした。

 1997(平成9)年、京橋駅と尼崎駅を地下線でつなぐ「JR東西線」が開業。片町線はJR神戸線やJR宝塚線に乗り入れを開始し、幹線ネットワークの一部として飛躍しました。

 JR東西線の開業と同時に、片町駅は廃止。その機能は、近い位置に設置された大阪城北詰駅に譲ることになりました。また路線の呼び方も、愛称である「学研都市線」が一般的になっていきました。

九条山駅、日ノ岡駅(京阪京津線)

 片町駅と同じ年に、同じく「東西線の開業」によって消えていった駅が、京都にあります。京阪京津線の九条山駅、日ノ岡駅です。

 京都市と大津市を結ぶ京阪京津線は、もともと京阪本線の三条駅と直結した京津三条駅から発着し、京津三条〜御陵間は三条通りを路面電車として走行していました。1997年に京都市営地下鉄東西線の二条〜醍醐間が開業。並行する京津線の区間は廃止となり、京津線は御陵から地下鉄東西線の京都市役所前駅まで乗り入れを開始するようになりました。

 この時に地下鉄の駅が設けられなかったのが、九条山駅と日ノ岡駅です。九条山駅は東山区と山科区の境にある急峻な峠越えの途中にあるため、利用客が周囲の駅の7分の1ほどしかありませんした。また、日ノ岡駅も隣の御陵駅と400mほどしか離れていなかったため、地下鉄の駅は両者の中間に統合される形で御陵駅として開業しました。

都会の駅、山中の駅、海辺の駅…時代には勝てず

 今では「そんな駅があったのか」と思うかもしれない、途中駅が単独で廃止されたケースがあります。

菊水山駅(神戸電鉄有馬線)

 神戸電鉄有馬線は神戸市の市街地と有馬温泉を結んでいます。新開地駅から市街地の地下区間を出ると、いきなり最大50パーミルの急勾配に差し掛かり、電車は六甲山地を延々と上っていきます。その苛烈な登山区間上にある鵯越(ひよどりごえ)〜鈴蘭台間にあったのが、菊水山駅です。

 この駅の周辺は民家も皆無、神戸市内からほど近いにもかかわらず山間の秘境駅と言われていました。利用客は登山客と下水処理場の職員程度で、普通列車も一部の便は通過していたほど。2005(平成17)年に休止となり、2018年、正式に廃止となりました。ただ駅施設を撤去するための重機が進入するのも困難な場所にあるため、ホームは2020年12月現在でも残ったままになっています。

 なお同時に有馬線ではもう一つ駅が廃止となりました。有馬口〜有馬温泉間にあった「新有馬駅」です。こちらは1975(昭和50)年に休止となったまま、石積みのホームの残骸が残るのみとなっていました。

西宮東口駅(阪神本線)

 阪神本線は現在、大阪梅田〜元町間32.1kmのほぼ全線が高架化されています。しかし20年前はまだ地上区間も多く残っており、西宮駅も2面4線のこじんまりした地上駅でした。

 久寿川〜香櫨園(当時は香枦園)間の高架化工事は2001年(平成13年)に完了、西宮駅は商業施設併設の駅ビルとともに立派な高架駅となりました。その陰でひっそりと消えていったのが、西宮東口駅です。

 西宮東口駅は西宮駅のわずか400m東にあった駅で、各駅停車以外は全て通過する小さな駅でしたが、地上時代は西宮駅よりも市役所や県立病院に近く、一定の需要がありました。

 高架化によって、西宮駅全体が東に移動。市役所へのアクセスなども含め、西宮東口駅の機能を吸収する形になり、西宮東口駅は廃止となりました。

 現在この駅の跡地は小さな児童公園となっていますが、JR西宮駅の国道2号から南西へ、斜めに伸びる道路があります。これはJR西宮駅と阪神東口を結んでいた商店街のある通りで、かつての駅の存在をうかがわせるものとなっています。

惜しまれつつ消えた「幻の終着駅」

 路線は残るものの、終着駅も途中駅も一気に消えたケースがあります。

久保町駅・築地橋駅・築港町駅・水軒駅(南海和歌山港線)

 南海線のターミナル駅である和歌山市駅から、さらに海側へ一駅だけ線路が伸びています。路線名は和歌山港線で、終点は和歌山港駅です。

 和歌山港からは南海フェリーが徳島に向けて1日8便程度運航されており、和歌山港線は重要な連絡路線としての役割を担います。その性格からか、和歌山港線のダイヤはフェリーの発着に基づいて設定されており、平日は1日わずか13本、そのうち6本は難波へ直通する特急「サザン」か急行となっています。

 その和歌山港線、元々はさらに約3km南の水軒駅まで伸びていました。元々木材輸送のため和歌山県が設置した区間で、和歌山港〜水軒間は旅客需要を全く見込まず1日2往復のみが運転される「幻の路線」となっていました。周辺の道路整備事業に伴い、水軒駅は2002(平成14)年に廃止となり、和歌山港駅が終点となって今に至ります。

 また、和歌山市駅と和歌山港駅の間にも、久保町駅・築地橋駅・築港町駅という3つの小さな駅が設置されていました。港町の路地裏を抜ける線路に2両分の短いホームがあるだけで、1日の利用者は3駅とも100人を下回っていたため、2005(平成17)年に廃止されました。最後まで手書きの駅名標が残っていました。

※一部修正しました(1月19日10時54分)。