初代の発売は1978年でした。

シンプルなスタンダードモデル 国内販売終了へ

 ヤマハは2021年1月21日(木)、中型バイク「SR400 ファイナルエディション」を3月15日に発売すると発表しました。

 SR400は1978(昭和53)年に初代が発売。空冷4ストロークの単気筒エンジン、キックスターター方式など不変のスタイルで、エントリーライダーからベテランまで幅広く支持されてきたスタンダードモデルだといいます。

 最終版は、職人の手作業によるサンバースト塗装のブラックを採用した「ファイナルエディション リミテッド」と、ダークグレーおよびブルーを採用した「ファイナルエディション」の2モデル。限定1000台となるリミテッドは、シリアルナンバー入り電鋳エンブレム、本革調シート、新色アルマイトのホイールリム、“Final Edition”を記した黒い文字盤のメーターなどを装備し、ヤマハのモノ創りを集結させたモデルだということです。

 なお、メーカー希望小売価格(税込)はリミテッドが74万8000円、ファイナルエディションが60万5000円です。

 SR400は、これまで幾度か排ガス規制などへの対応で一時的に生産終了となったことがありましたが、ヤマハは国内向けのSR400について、このモデルをもって生産を終了するとしています。