チキ2形のときから数えて約90年!

車内で写真展示

 箱根登山鉄道は2021年1月27日(水)、電車のモハ2形109号が3月21日(日)をもって引退すると発表しました。

 109号は1927(昭和2)年に登場した木造車のチキ2形の走行系機器と、新製の鋼体車体を組み合わせて造られた車両です。2019年には箱根湯本〜強羅間の開業100周年を記念して、1935(昭和10)年〜1949(昭和24)年頃の緑の塗装に塗り替えられ、現在まで使われてきました。109号の引退により、モハ2形で残るのは108号の1両のみとなります。

 引退に際し、2月13日(土)から運行最終日までの間、ラストランデザインの方向板を掲出。車内では2月20日(土)から引退日まで写真が展示される予定です。引退イベントは、新型コロナウイルス感染拡大の状況により未定ですが、実施される場合は改めて告知されます。