第2次世界大戦中、新戦車を模索していたイタリア軍は、砂漠における戦いで、敵であるイギリス軍の戦車に目をつけます。いつしかその開発はイギリス戦車を参考にするあまり、ソックリなものに。その経緯と顛末を追ってみました。

なんかイギリス陣営がイイもん持ってんだけど…

 1939(昭和14)年9月に勃発した第2次世界大戦に、イタリアは翌1940(昭和15)年6月よりドイツ側に立って参戦します。その一環で、イタリアはイギリス領エジプトを攻撃、これにより戦火は北アフリカ一帯にも広がりました。

 しかし北アフリカ戦線で、イタリアは、砂漠の中を縦横無尽に走るイギリス軍の巡航(クルーザー)戦車Mk.IIIおよび装甲増加タイプのMk.IV型(A13シリーズ)に苦しめられることになります。

 巡航戦車とは、イギリス軍が第2次世界大戦前に立てた独自の戦術概念に基づいて開発したものでした。その概念とは、歩兵支援を目的に機動力は二の次にして防御力を最優先とした「歩兵戦車」と、前線突破と追撃戦を目的に防御力よりも機動力を向上させた「巡航戦車」に戦車を二分して配備・運用するというものです。

 巡航戦車は重量15t級で、同時期の歩兵戦車「マチルダ」の30t級と比べると軽量でした。装甲は薄いものの、それゆえに最高速度は45km/h以上と高速で、しかも距離500mで50mm装甲を貫徹する2ポンド戦車砲を備え、必要十分な攻撃力を有していました。

 このように、優れた機動力と必要十分な攻撃力を持つイギリス軍の巡航戦車を目の当たりにしたことで、イタリア軍はその頃、ようやく本格的な中戦車M13/40型の調達を始めたばかりであったものの、イギリス巡航戦車に太刀打ちできる砂漠用の快速中戦車の開発に着手することを決めます。

 とはいえ、一から開発したのでは時間もコストもかかってしまうことから、イギリス巡航戦車を参考にすることを決め、1940(昭和15)年末にその開発をフィアット・アンサルド社に依頼したのでした。

まさしく「名が体を表す」形のモノが誕生

 イギリス軍の巡航戦車の影響を受け「サハリアーノ」、日本語に訳すと「サハラの(戦車)」と名付けられた試作の快速中戦車は、M13/40型中戦車の改良発展型として位置付けられます。当時開発中だったM14/41型の足まわりを流用する形で、傾斜装甲の車体と低いシルエットの砲塔デザインの木製モックアップを組み合わせて、1941(昭和16)年6月に最初の外観デザインが完成、さっそく検討に入ります。

 しかし、ちょうど同じ頃イタリア軍は、北アフリカ・リビアの都市トブルクでイギリス軍と激戦を展開していました(イギリス軍名称「バトルアクス作戦」)。この戦いで、イタリア軍はイギリスの新型巡航戦車Mk.IV「クルセイダー」(A15シリーズ)に遭遇、衝撃を受けます。

「クルセイダー」は、車体を大型化して重量が20t級となりながらも、車高を低く押さえて最高速度も43km/hを保ち、先の巡航戦車Mk.III型(A13シリーズ)と同様にクリスティー式サスペンションを採用していました。

 このサスペンション方式は、第2次世界大戦の前、1936(昭和11)年に勃発したスペイン市民戦争(スペイン内戦)で用いられたソ連製BT-5型戦車にも使われていたサスペンション構造で、イタリア義勇軍もスペイン市民戦争に派遣されていたため、イタリアにとっても馴染みのある懸架装置でした。そこで鹵獲(ろかく)した巡航戦車「クルセイダー」を研究することで、足回りを一新した新車輌を作ります

幻に終わった砂漠の快速戦車

 こうして1942(昭和17)年春、ようやく新型の快速中戦車が完成しました。乗員4名、重量15t級の試作戦車は、イギリスの「クルセイダー」巡航戦車を思わせる傾斜装甲で構成された低いシルエットで、足回りも4個の大型転輪と新方式の懸架装置からなるため、それまでのイタリア戦車とは異なる雰囲気を有していました。

 ただし一見すると「クルセイダー」に似た足まわりではあるものの、純粋なクリスティー式ではなく、トーションバー式も組み合わせたイタリアの独自改良タイプでした。しかし懸架装置としては優秀で、不整地での走行性能に優れていたため、275馬力を発揮するガソリンエンジンとの組み合わせにより、最高速度は路上で60km/h以上、路外でも45km/hを記録して、目標性能に対して充分な値を示しました。

 しかしイギリス巡航戦車と同様、高速性能を重視して車体を軽量化したため、装甲厚は車体および砲塔前面で30mm、側面で25mmしかなく、傾斜装甲であることを鑑みても当時の中戦車としては防御力に疑問が残るレベルでした。一方、攻撃力は長砲身の新型40口径47mm戦車砲を搭載したため、当時のイタリア戦車としては最強でした。

 こうして完成し、一旦はM16/43型快速戦車として制式化された「サハリアーノ」でしたが、その頃フィアット・アンサルド社はM14/41型中戦車の製造で手一杯であり、全く系統が異なる新戦車の生産ラインを設ける余裕などなく、量産化はズルズルと後伸ばしされてしまいます。

 結局、1943(昭和18)年5月に北アフリカに展開していたイタリア・ドイツ枢軸軍が降伏したことで、砂漠での機動戦に長けた戦車の必要性に疑問符が生じます。その結果、イタリア版巡航戦車の量産化は中止と相なりました。

 もし「サハリアーノ」が量産化され、北アフリカの戦いに間に合っていたとしたら、砂漠の戦場で似たような形の戦車同士が戦っていたかもしれません。