相鉄の新型車両、山口から神奈川へ 「そうにゃん」が全区間乗車

山口県下松市の工場を出発していた相模鉄道の新型20000系第1編成が2017年8月4日、かしわ台駅構内の車両センターに到着しました。

営業運転開始は2017年12月を予定

 相模鉄道は2017年8月4日(金)、新型20000系電車の第1編成(10両)がかしわ台駅構内の車両センター(神奈川県海老名市)に到着したと発表しました。

 20000系は、相鉄グループ創立100周年の2017年に、11000系電車以来9年ぶりに導入される車両です。2022年度下期に開業が予定されている「相鉄・東急直通線」用としても使われます。

 今回の第1編成は、山口県下松市にある日立製作所笠戸事業所から、EF66形電気機関車に牽引(けんいん)され、JR山陽本線、東海道本線、相模線を走行。厚木操車場からは相模鉄道のモヤ700系(事業用車両)に牽引され、車両センターに輸送されました。

 20000系は今後、車両の整備や各種試験、乗務員の訓練などが行われ、12月から営業運転に入る予定です。

関連記事

乗りものニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索