広島と長野にある「日本一短い県道」、どちらが日本一? その驚きの「短さ」とは

広島と長野にある「日本一短い県道」、どちらが日本一? その驚きの「短さ」とは

広島県に「日本一短い」とうたわれている県道がありますが、長野県にはこれよりも短いとされる県道が存在します。いずれも、どれほどの長さで、「日本一」はどちらなのでしょうか。

長さよりも「幅」のほうが広い!?

「日本一短い国道」は、神戸市にある国道174号で、およそ187mです。県道になるとこれよりもさらに短いのですが、実は「日本一短い県道」には、ふたつの説が存在します。

 うちひとつは、広島県呉市内にある広島県道204号安登(あと)停車場線です。JR呉線・安登駅の駅前広場から、国道185号までの区間で、長さはわずか10.5m。幅は18.7mで、長さより幅のほうが上回っているというものです。現地には地元の安浦町観光協会によって「日本一短い県道」とする案内看板が立てられています。

 広島県西部建設事務所呉支所によると、「1960(昭和35)年10月に県道に認定されていますが、そのときから現在と同じ長さです。区間は安登停車場(駅)から国道185号交点までとされています」といいます。

 観光協会が「日本一短い県道」の案内看板を立てたのは、2007(平成19)年のことだそうですが、安浦町まちづくり協議会によると「その後、“実延長”ではもっと短い県道が長野県にあることがわかり、現在ウェブサイトでは『総延長で日本一短い県道』としています」と話します。

 10.5mよりも短いとされる長野県の「日本一短い県道」は、果たしてどれほど短いのでしょうか。また、「総延長で」とは、どういう意味なのでしょうか。

長野の「日本一短い県道」…とは言い切れないワケとは

「長野にある『日本一短い県道』」とは、上田市にある長野県道162号上田停車場線です。長さはなんと7m。北陸新幹線としなの鉄道の上田駅「お城口」を出るとロータリーがありますが、そのロータリーの入口となる「上田駅お城口」交差点のうち、駅寄りに設けられた横断歩道部分が、県道162号線に当たります。ちなみにその横断歩道の長さ、つまり県道162号の幅員はおよそ20mで、こちらも幅が長さを上回っています。

 広島県道204号安登停車場線に、県道であることを示す六角形の標識はありませんでしたが、こちらにはそれどころか「日本一短い県道」といった案内看板もありません。果たして本当にその長さは7mほどしかないのでしょうか。長野県上田建設事務所に聞きました。

――県道162号線は本当に7mほどしかないのでしょうか?

 実延長としては7mです。ただし総延長としては126.4mあり、お城口交差点から国道141号と交わる中央1丁目交差点までの119.4mは、県道77号長野上田線との重複区間になっています。

――昔はもっと長かったのでしょうか?

 もともとの長さは、駅舎付近から現在のお城口交差点までの55.5mでした。1997(平成9)年の新幹線開通にあたりロータリーが整備され、ロータリー部分の48.5mが市道とされたことで現在の実延長になりました。しかしこの際、県道162号線は区間変更が行われ、中央1丁目交差点、つまり国道141号交点までの126.4mに延長されています。この経緯は不明です。

 県道や国道の重複区間は県内に数多くありますが、こうした区間では「全長の長いほうを優先する」というルールがあることから、県道77号線と162号線の重複区間については、県道77号線としています。

※ ※ ※

 このような背景から、長野県道162号線は実際には7mしかないものの、名実ともに「日本一短い県道」とは言えない状況があるようです。

 広島の安浦町まちづくり協議会からは「日本一は長野でしょう」、長野の上田建設事務所からは「いや、日本一は広島ということになるかもしれません」と、お互いにゆずり合う声が聞かれました。「日本一短い県道」にふたつの説があるのには、もっともな理由がありました。

【地図】ふたつの「日本一短い県道」の位置

関連記事

乗りものニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索