66kmの渋滞も お盆期間の高速道路、昨年より渋滞回数増加 交通量は1%減

66kmの渋滞も お盆期間の高速道路、昨年より渋滞回数増加 交通量は1%減

国土交通省とNEXCO3社、本四高速が2017年のお盆期間における高速道路の交通状況(速報)を発表。最長の渋滞は65.8kmでした。

10km以上の渋滞は532回発生

 国土交通省とNEXCO3社、本四高速は2017年8月17日(木)、このお盆期間における高速道路の交通状況(速報)を発表しました。

 8月5日(土)から16日(水)までの交通量(全国高速道路40区間の平均)は、昨年の同じ時期に比べ約1%減少。一方、10km以上の渋滞発生回数は532回で、昨年と比べ37回増加しました。なお、30km以上の渋滞は41回で昨年より6回減少しています。

 今年のお盆期間における各社での特に長い渋滞は次のとおりです。

●NEXCO東日本
・6日(日)17時15分ごろ、関越道上り・鶴ヶ島IC付近50.2km、交通集中・事故
・15日(火)15時10分ごろ、関越道上り・鶴ヶ島IC付近49.0km、交通集中・事故
・11日(金・祝)7時20分ごろ、関越道下り・花園IC付近48.4km、交通集中・事故
●NEXCO中日本
・11日(金・祝)7時10分ごろ、東名高速下り・都夫良野(つぶらの)トンネル付近65.8km、事故・交通集中
・13日(日)10時00分ごろ、中央道下り・上野原IC付近46.7km、交通集中
・13日(日)18時35分ごろ、中央道上り・八王子JCT付近42.5km、交通集中・事故
●NEXCO西日本
・11日(金・祝)17時40分ごろ、名神高速下り・京都東IC付近38.7km、交通集中
・13日(日)18時30分ごろ、九州道上り・古賀SA付近30.8km、交通集中・事故

 お盆期間の交通量と渋滞回数のピークは、下り線が11日(金・祝)、上り線が13日(日)でした。

【図】2017年お盆期間における高速道路区間の交通動向

関連記事

乗りものニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索