東北中央道の福島〜米沢間、11月開通 長さ9kmの「栗子トンネル」で峠越え

東北中央道の福島〜米沢間、11月開通 長さ9kmの「栗子トンネル」で峠越え

東北中央道の福島大笹生IC〜米沢北IC間が、2017年11月4日に開通します。

通行料は無料

 国土交通省と福島県、山形県、NEXCO東日本東北支社は2017年9月13日(水)、東北中央道の福島大笹生IC〜米沢北IC間35.6kmが、2017年11月4日(土)に開通すると発表しました。

 東北中央道は福島県相馬市の常磐道・相馬ICを起点に福島市、山形県米沢市、山形市、新庄市などを経由し秋田県横手市で秋田道の横手ICに接続する計画の高速道路です。現在は途切れ途切れの形で一部区間が開通しています。

 福島大笹生IC〜米沢北IC間が完成すると、東北道の福島JCTから、東北中央道を構成する「米沢南陽道路」(米沢北IC〜南陽高畠IC)までが1本に。そして途中には、米沢八幡原ICと米沢中央ICが設置されます。

 国土交通省によると、福島県と山形県にまたがる栗子峠付近は降雪量が多く、現在の国道13号は5%を超える急勾配や半径150m未満の急カーブがあることもあり、2016年は大型車などの立ち往生が東北地方の8割にあたる130台も発生。また、大雨や風雪などによる通行止めも年間平均4回発生しているといいます。

 この区間を長さ8972mの「栗子トンネル」で通過する東北中央道が開通すると、通行止め時の大幅な迂回が回避されるほか、冬季も安全、安心な通行が確保されるとしています。

 福島市役所〜米沢市役所間の所要時間は、現在の国道13号経由の約60分から、東北中央道開通後は約40分に短縮される見込みです。

 今回開通する福島大笹生IC〜米沢北IC間は、無料で通行できます。ただし、自動車専用道であるため、自転車や軽車両、二輪車(125cc以下)は通行できません。また、「栗子トンネル」のある福島大笹生IC〜米沢八幡原IC間は危険物積載車両の通行も不可とされます。

【画像】時代とともに長くなる栗子峠越えの道路トンネル

関連記事

乗りものニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索